LionサーバーでMySQLサーバーを使用する

* Lion ServerでインストールされるMySQLは構成が中途半端な印象です。mysqldumpがなかったり、mysqlhotcopyが動かなかったり。別途、インストールした方が安全かもしれません。もしかすると、10.6 Serverからのアップグレードで中途半端に残ったMySQLだったかもしれないです。
* LionにMySQLをインストールして稼働させるまでの手順をまとめました。記事はこちら。「LionでMySQLを稼働させるための5ステップ
Snow Leopardサーバー (Mac OS X 10.6サーバー)ではサーバーの設定アプリから簡単にMySQLサーバーを稼働させることができましたが、Lionサーバー (Mac OS X 10.7サーバー)のServerアプリからMySQLの設定がなくなってしまいました。しかし、LionサーバーにはMySQLが標準インストールされているので、少し手順を踏めばMySQLサーバーを稼働させることができました。そのときのまとめです。

起動できる状態までの準備

必要なディレクトリを作成します。ターミナルで次のように操作します。
(1) 「sudo mkdir /var/mysql」を実行
(2) 「sudo chown _mysql:_mysql /var/mysql」を実行
(3) 「sudo mysql_install_db」を実行
(4) 「sudo chown -R _mysql:_mysql /var/mysql」を実行
(5) 「sudo cp /usr/share/mysql/my-small.cnf /etc/my.cnf」を実行(他の設定ファイルを使っても大丈夫だと思います)

自動起動させるための設定

これで起動できる状態までなったので、マシン起動時に自動的にMySQLサーバーが稼働するように設定します。他のUnix系のOSやLinux系のOSでは、ランレベルで起動用のスクリプトで走らせるように設定しますが、Mac OS X Serverの場合は、Launchctlを使います。次のようなプロパティリストファイルを作成します。(あとでコピーするので、どこに置いても良いです。「ホスト.ドメイン」のところは環境に合わせて書き換えてください)

ターミナルで次のように操作して、作成したプロパティリストファイルをコピーします。ここでは、「org.mysql.mysqld.plist」という名前でワーキングディレクトリにあるものと仮定します。
(1) sudo cp org.mysql.mysqld.plist /Library/LaunchDaemons
(2) sudo chown root:wheel /Library/LaunchDaemons/org.mysql.mysqld.plist
これでマシンを再起動すると、MySQLサーバーが起動します。マシンを再起動させた後、MySQLが起動できているか確かめるために、ターミナルから次のように入力します。
(1) mysql
ベタですが、起動できていれば次のように表示されます。

「quit」を入力して終了します。

最低限の設定

あとは、最低限の設定を行います。まずは、ルートのパスワードを設定します。
(1) 「mysqladmin -u root -password パスワード」を実行。(「パスワード」のところを設定したいパスワードで置き換えます)
(2) 「mysqladmin -u root -p reload」を実行
次に、DBで使う文字コードを「UTF-8」に変更します。「Latin1」のままだと、文字化けしてしまうので。
先ほどコピーした「/etc/my.cnf」ファイルを編集します。管理者権限が必要なので、ターミナルで動く「nano」などで編集したり、sudo付きで、TextEdit.appを起動しても良いです。
(次の設定を追加)

設定を変更したのでMySQLを再起動します。ターミナルで以下のように入力します。
(1) sudo launchctl stop org.mysql.mysqld
(2) sudo launchctl start org.mysql.mysqld
以上の手順で、LionサーバーでMySQLサーバーを起動できました。

関連記事

  1. ドキュメントページを作成しました

  2. 「iPhoneアプリ開発 熟達テクニック」の公式ページができました

  3. Gitの管理ディレクトリを分離する

  4. MOSADeN Onlineの記事をアップしました

  5. MSM 2011でのセッション内容を決めました

  6. ArduinoからマイクロSDカードへの書き出し

最近の著書

最近の記事