Mac版のNetbeansの設定ファイル

MacにNetbeans 7.0をインストールしたのですが、設定ファイルがわかりづらいところにあったので、ここに備忘録として書きます。
Mac版のNetbeansの設定ファイルは、ホームディレクトリの「.netbeans」という不可視フォルダに保存されます。Finderで「移動」メニューから「フォルダへ移動」コマンドを選択して、「~/.netbeans」と入力すると、そのフォルダに移動できます。
「.netbeans」フォルダにはバージョンごとにフォルダが作成され、その中に設定ファイルやさらにサブフォルだが作成されます。バージョン7.0.x.xの場合は「7.0」というフォルダが作成されます。
Tomcatの設定ファイルは「.netbeans」フォルダのもっと下の階層に作成されます。例えば、ユーザーアカウントの設定ファイルは、バージョン 7.0.11の場合は、次の場所に作成されます。

~/.netbeans/7.0/apache-tomcat-7.0.11_base/conf/tomcat-users.xml

それ以外の設定ファイルも「conf」ディレクトリに保存されます。
なお、Mac版のNetbeansでは、標準インストールではTomcatはインストールされないので、カスタムインストールを選択すると、Tomcatをインストールすることができました。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Xcodeのコーディング効率が上がるかもしれないTips

  2. HistoryEditor Windows版 1.5.2 を公開しまし…

  3. MySQL, phpMyAdminのセットアップ

  4. BootCampでAeroが有効にならなかったときの修正方法

  5. Parallels desktop 12 Pro Edition にア…

  6. 年末です

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事