Mac版のNetbeansの設定ファイル

MacにNetbeans 7.0をインストールしたのですが、設定ファイルがわかりづらいところにあったので、ここに備忘録として書きます。
Mac版のNetbeansの設定ファイルは、ホームディレクトリの「.netbeans」という不可視フォルダに保存されます。Finderで「移動」メニューから「フォルダへ移動」コマンドを選択して、「~/.netbeans」と入力すると、そのフォルダに移動できます。
「.netbeans」フォルダにはバージョンごとにフォルダが作成され、その中に設定ファイルやさらにサブフォルだが作成されます。バージョン7.0.x.xの場合は「7.0」というフォルダが作成されます。
Tomcatの設定ファイルは「.netbeans」フォルダのもっと下の階層に作成されます。例えば、ユーザーアカウントの設定ファイルは、バージョン 7.0.11の場合は、次の場所に作成されます。

それ以外の設定ファイルも「conf」ディレクトリに保存されます。
なお、Mac版のNetbeansでは、標準インストールではTomcatはインストールされないので、カスタムインストールを選択すると、Tomcatをインストールすることができました。

関連記事

  1. PDFの管理にConfluenceを使ってみた

  2. MOSADeN ONLINE 第17回の原稿アップしました

  3. Mac OS X 10.5.8上でのRKDetailDesignのプリ…

  4. 仮想マシンでキーボードが反応しなくなったけど、すぐ、復活

  5. Webサイト全体をHTTPS化

  6. Subversionのコメントはしっかり書いた方が良い

最近の著書

最近の記事