PostgreSQLのセットアップ

PostgreSQLをSUSE Linux 9.1にセットアップしました。その過程をまとめました。

インストール

SUSE Linuxではソフトウェアの追加はYaSTというツールを使用します。PostgreSQLとPHPから呼び出すために必要なモジュールはYaSTに登録されていますので、ここからインストールを行いました。
YaSTから「ソフトウェアのインストールと削除」を呼び出し、以下のモジュールをインストールします。

その他に、日本語の全文検索を可能にするために、後で必要となる、ライブラリも追加します。

それと、PHPからPostgreSQLを使用するために必要なモジュールを追加します。

設定

PostgreSQLの設定を行うために、ルートユーザーからpostgresというユーザーになります。

postgresになったら、~/data/pg_hba.confファイルを編集して、下記の設定をします。

  • localからはユーザー名のみで接続できるようにする。
  • 127.0.0.1、127.0.0.2のホストからパスワード認証で接続できるようにする。
  • 192.168.1.0/24からはパスワード認証で接続できるようにする。

localをmd5に設定すると、システムブート時にPostgreSQLを起動できなくなってしまいました。
また、ident sameにしておくと、同じマシン内で動作しているApacheからは接続できなくなってしまいます。ただ、phpPgAdminからは接続できたます。
設定が終わったら、PostgreSQLを再起動します。

phpPgAdminのセットアップ

PostgreSQLをWEBブラウザ経由で操作するために、phpPgAdminという便利なツールがあります。次に、このツールをセットアップしました。
まず、下記のサイトから最新版をダウンロードします。ここでは、RPM形式ではなく、ソースを使用します。

http://phppgadmin.sourceforge.net/

ダウンロードしたアーカイブを展開したら、WEBブラウザで参照できる場所にコピーします。SUSE LinuxではApapcheのDocument Rootが/srv/www/htdocsに設定されていますので、そこにコピーしました。phpPgAdminのセットアップはこれで終わりです。

ユーザーの作成

phpPgAdminではデフォルト設定では、postgresやrootではログインできないようになっています。設定ファイルを変更すれば、これらのユーザーでもログインできますが、新規でユーザーを作成することにしました。まず、postgresになります。

ユーザーを作成するには、CREATE USERというSQLを実行すればよいのですが、PostgreSQLではシェルから実行できるラッパーとして、createuserがありますので、これを使用します。

-Wをつけると、パスワードを設定することが出来ます。

関連記事

  1. iPhone 7のSuicaを試してみた

  2. Objective-Cのクラスの前方宣言がないと困ること

  3. Lionを入れるには非力すぎた

  4. [お知らせ] セミナー中止のお知らせ

  5. Surface RTを入手しました

  6. Lion ServerのWiki Serverで作成できる項目の違いに…

最近の著書

最近の記事