Flutter 3.0へのアップグレード

macOSのデスクトップアプリの開発が正式に対応されたFlutter 3.0がリリースされました。私自身、Macアプリの開発者として、このニュースは大変興味深いものでした。私の環境にインストールされていたFlutterをアップグレードしてみました。この記事は、このときの記録をまとめたものです。

目次

インストール済みの環境の確認

インストールされているFlutterのバージョンを確認します。ターミナルで次のように入力します。

% flutter --version
Flutter 2.10.5 • channel stable • https://github.com/flutter/flutter.git
Framework • revision 5464c5bac7 (3 weeks ago) • 2022-04-18 09:55:37 -0700
Engine • revision 57d3bac3dd
Tools • Dart 2.16.2 • DevTools 2.9.2

この例では、バージョン2.10.5がインストールされていることが確認できます。

Flutterのアップグレード方法

Flutterのアップグレードは簡単です。次のように flutter upgrade を実行するだけです。

% flutter upgrade

このコマンドを実行すると、Flutterのダウンロードとインストールが始まり、最後にflutter doctorコマンドが自動的に実行されて環境のチェックが行われます。アップグレードが成功すれば、以下のように表示されます。

• No issues found!

アップグレード後のバージョン確認

アップグレード中にもバージョン番号は出力されますが、改めてflutter --versionを実行して、バージョンを確認してみましょう。

% flutter --version
Flutter 3.0.0 • channel stable • https://github.com/flutter/flutter.git
Framework • revision ee4e09cce0 (2 days ago) • 2022-05-09 16:45:18 -0700
Engine • revision d1b9a6938a
Tools • Dart 2.17.0 • DevTools 2.12.2

この結果を見ると、(本記事執筆時点で)最新版である3.0.0が正しくインストールされていることがわかります。

新規インストールについて

Flutterの新規インストールについては、以下の別記事で詳しくまとめています。

Macデスクトップアプリの正式サポート

Flutter 3.0でMacのデスクトップアプリの開発が正式にサポートされました。

2022年5月13日追加: Macアプリにふさわしいメニューバーの作成

クロスプラットフォーム対応のフレームワークでMacアプリを作った時に、メニューバーだけ残念なことになることがあります。たとえば、ウインドウの中にメニューバーが含まれる形になってしまうといった問題があります。

Flutterの場合は、3.0からAppKitで作成したアプリと同様に、通常のメニューバーが作れるようになりました。

こちらの記事にまとめました。

2022年5月13日追加: Macアプリのビルドや設定方法

Macアプリの設定やビルド方法についてまとめました。気になるランタイムサイズの確認結果などについても書きました。

著書紹介

Authored Books

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Akira Hayashi (林 晃)のアバター Akira Hayashi (林 晃) Representative(代表), Software Engineer(ソフトウェアエンジニア)

アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けの開発を専門としているソフトウェアエンジニア。ソフトウェアの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。note, Medium, LinkedIn
-
Representative of RK Kaihatsu. Software Engineer Specializing in Development for the Apple Platform. Specializing in contract software development, technical writing, and serving as a tech workshop lecturer. note, Medium, LinkedIn

目次