Ubuntu Server のシステム更新

Ubuntu Server に限らずですがシステム運用では、他のOSと同様にセキュリティアップデートの適用など、可能な限り最新版をインストールしていくことが重要だと思います。

筆者は内部で使用しているいくつかのシステムをHyper-V上に構築した仮想マシンにUbuntu Serverをインストールして運用しています。GUIはインストールせず、CUIで運用しているのでアップデートもコマンドラインで行います。

この記事ではUbuntu Serverを最新の状態に保つために行う、CUIでのアップデート手順をまとめました。

パッケージの管理

セキュリティ更新やパッケージの更新管理は、aptを使用します。

アップデータの情報取得

アップデータの情報は次のように、aptを使って取得します。

$ sudo apt update

パッケージの更新

更新されたパッケージがあるときは、apt updateで次のように更新可能なパッケージ数が表示されます。

10 packages can be upgraded. Run 'apt list --upgradable' to see them.

パッケージを更新するには次のように入力します。

$ sudo apt upgrade

apt upgradeは更新時に不要になったパッケージを削除しません。不要になったパッケージを削除も行って更新するときは、次のコマンドを使用します。

$ sudo apt full-upgrade

不要になったパッケージを削除

更新は行わずに、現在インストールされているパッケージの中で不要になったものを削除するときは、次のように入力します。

$ sudo apt autoremove

auto removeのときはfull-upgradeでは削除されないパッケージも削除されます。

ディストリビュージョンのバージョン管理

Ubuntu Serverというディストリビュージョンのバージョン管理はupdate-manager-coreに入っているプログラムを使用します。

インストール

aptを使ってインストールします。

$ sudo apt install update-manager-core

LTSと通常版の設定

Ubuntu ServerにはLTS版と通常版があります。どちらを使用するかは、/etc/update-manager/release-upgrades ファイルで設定します。ファイルを開き、Promptの値をltsにするとLTS版、normalにすると通常版になります。

OSのアップグレード

アップグレードを実行するには、次のようにします。

$ sudo do-release-upgrade

更新可能かチェックだけしたいときは、次のようにします。

$ do-release-upgrade -c

OSのバージョンを調べる

OSのバージョンは/etc/os-releaseファイルに書かれています。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Edgeのアドレスバーの検索エンジンの変更方法

  2. Xcode 8.3に移行したらnullabilityのワーニングが出た…

  3. Amazon Fire TV 4K HDR 2017を5GHzに接続す…

  4. Try CLion on the Ubuntu Linux to de…

  5. AppCodeの割り当てメモリを増やす

  6. WordPressで記事が古いときにメッセージを表示する

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事