Ubuntu Server のシステム更新

Ubuntu Server に限らずですがシステム運用では、他のOSと同様にセキュリティアップデートの適用など、可能な限り最新版をインストールしていくことが重要だと思います。

筆者は内部で使用しているいくつかのシステムをHyper-V上に構築した仮想マシンにUbuntu Serverをインストールして運用しています。GUIはインストールせず、CUIで運用しているのでアップデートもコマンドラインで行います。

この記事ではUbuntu Serverを最新の状態に保つために行う、CUIでのアップデート手順をまとめました。

パッケージの管理

セキュリティ更新やパッケージの更新管理は、aptを使用します。

アップデータの情報取得

アップデータの情報は次のように、aptを使って取得します。

$ sudo apt update

パッケージの更新

更新されたパッケージがあるときは、apt updateで次のように更新可能なパッケージ数が表示されます。

10 packages can be upgraded. Run 'apt list --upgradable' to see them.

パッケージを更新するには次のように入力します。

$ sudo apt upgrade

apt upgradeは更新時に不要になったパッケージを削除しません。不要になったパッケージを削除も行って更新するときは、次のコマンドを使用します。

$ sudo apt full-upgrade

不要になったパッケージを削除

更新は行わずに、現在インストールされているパッケージの中で不要になったものを削除するときは、次のように入力します。

$ sudo apt autoremove

auto removeのときはfull-upgradeでは削除されないパッケージも削除されます。

ディストリビュージョンのバージョン管理

Ubuntu Serverというディストリビュージョンのバージョン管理はupdate-manager-coreに入っているプログラムを使用します。

インストール

aptを使ってインストールします。

$ sudo apt install update-manager-core

LTSと通常版の設定

Ubuntu ServerにはLTS版と通常版があります。どちらを使用するかは、/etc/update-manager/release-upgrades ファイルで設定します。ファイルを開き、Promptの値をltsにするとLTS版、normalにすると通常版になります。

OSのアップグレード

アップグレードを実行するには、次のようにします。

$ sudo do-release-upgrade

更新可能かチェックだけしたいときは、次のようにします。

$ do-release-upgrade -c

OSのバージョンを調べる

OSのバージョンは/etc/os-releaseファイルに書かれています。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Mac Miniで minidlna を動かす

  2. [メモ] Bitbucket Serverのバックアップ設定

  3. Wordでしおり(目次)を持ったPDFを作る方法

  4. XcodeやAppCodeで16進数や2進数で値を確認する方法

  5. Bitbucket Server で Git LFS を使う

  6. Swiftでコマンドラインツールを作る(コマンドライン引数と標準入出力…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事