ARKitの物理シミュレーション

ARKitは物理シミュレーション機能を持っています。

アプリ内で動的に作成したモデルでも、USDZファイルから読み込んだモデルでも、物理情報やコリジョンの設定をすれば、重力も適用される物理シミュレーションが利用できます。

ARKitが持っている力は衝撃と継続した力の2つ。そして、直線状に働く力と回転させようとする力があります。

ARKitの解説書である「基礎から学ぶARKit」では、ARKitを使った物理シミュレーションの解説をしています。この動画は解説しているサンプルアプリの実行例です。タップすると、カメラの方向に衝撃を加えます。長押しするとずっと、押していくという継続した力を適用します。

球が転がっていったり、平面の外にはみ出て、重力に従って落下するなどの物理シミュレーションを行います。

この記事は「基礎から学ぶ ARKit」の制作の裏側を紹介するメイキング記事です。「基礎から学ぶ ARKit」はARKitのAPIを使ったアプリ開発を解説する技術書です。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. ARKitでコリジョンとアニメーション

  2. ARKitの顔のトラッキング機能は精巧かつ高速

  3. カードデータ作成

  4. ARKitで物体検出のためのスキャンの背景

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事