ARKitの物理シミュレーション

ARKitは物理シミュレーション機能を持っています。

アプリ内で動的に作成したモデルでも、USDZファイルから読み込んだモデルでも、物理情報やコリジョンの設定をすれば、重力も適用される物理シミュレーションが利用できます。

ARKitが持っている力は衝撃と継続した力の2つ。そして、直線状に働く力と回転させようとする力があります。

ARKitの解説書である「基礎から学ぶARKit」では、ARKitを使った物理シミュレーションの解説をしています。この動画は解説しているサンプルアプリの実行例です。タップすると、カメラの方向に衝撃を加えます。長押しするとずっと、押していくという継続した力を適用します。

球が転がっていったり、平面の外にはみ出て、重力に従って落下するなどの物理シミュレーションを行います。

この記事は「基礎から学ぶ ARKit」の制作の裏側を紹介するメイキング記事です。「基礎から学ぶ ARKit」はARKitのAPIを使ったアプリ開発を解説する技術書です。

[clink url=”https://www.rk-k.com/archives/work/learn_arkit”]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

林 晃のアバター 林 晃 代表・ソフトウェアエンジニア

アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

目次