MSM 2019 で SwiftUI についてのセッションに登壇しました

2019年10月18日に開催された MOSA Software Meeting 2019 in 原宿 で登壇しました。私のセッションのタイトルは「iOS も macOS も同じやり方でユーザーインターフェイスを作れる! SwiftUI の使い方」です。

MOSA Software Meeting 2019 in 原宿

SwiftUI は WWDC 2019 で発表された新しいフレームワークで、ユーザーインターフェイスを作るためのフレームワークです。部分的に採用することもできます。アプリの作り方が変わってしまうくらい大きな変化です。

私は今、 SwiftUI の解説書を執筆しています。チュートリアルを通しても感じましたが、原稿の執筆のために SwiftUI に取り組んでいるとデータの持ち方、イベントへの応答方法、アプリの設計方法なども変わってしまう、とても大きな範囲に関わるものだと実感しました。

そこで、今年の MSM では SwiftUI について発表したいと思い、SwiftUI でセッションを組みました。

まだ、SwiftUI についてノーチェックな皆さん、まずは、SwiftUI のチュートリアルをやってみてください。SwiftUI の魅力に気が付くと思います。

SwiftUI のチュートリアルはこちらです。

SwiftUI Tutorials

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Snow Leopard ServerでのRedmineのバックアップ…

  2. PHPからkakasiを呼び出す

  3. テスト用デバイスのケース追加

  4. 内部の作業環境のインフラ整備

  5. 山手トンネルウォークに参加しました

  6. Lion Serverの「iOSデバイスと共有(WebDAV)」を使っ…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事