「iOSもmacOSも同じやり方でユーザーインターフェイスを作れる! SwiftUIの使い方」というタイトルで登壇します

MOSA Software Meeting 2019が2019年10月18日に開催されます。私は「iOSもmacOSも同じやり方でユーザーインターフェイスを作れる! SwiftUIの使い方」というタイトルで登壇します。

SwiftUIはWWDC 2019で発表された新しいフレームワークです。Swift専用で作られていて、Xcode 11のライブプレビュー機能などと組み合わせてユーザーインターフェイスを素早く作ることができます。SwiftUIで開発されたユーザーインターフェイスは、SwiftUIによって動作環境のネイティブフレームワークを使われて動作します。サポートされる動作環境は以下のAppleプラットフォームです。

  • iOS
  • macOS
  • watchOS
  • tvKit

このセミナーではSwiftUIのチュートリアルではさらっと解説されているところや、私がSwiftUIを使ってアプリを作ってみたときにわかりにくかったところなどを解説します。

MOSA Software Meeting 2019 in 原宿

 

著書紹介

Authored Books

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Akira Hayashi (林 晃)のアバター Akira Hayashi (林 晃) Representative(代表), Software Engineer(ソフトウェアエンジニア)

アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けの開発を専門としているソフトウェアエンジニア。ソフトウェアの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。note, Medium, LinkedIn
-
Representative of RK Kaihatsu. Software Engineer Specializing in Development for the Apple Platform. Specializing in contract software development, technical writing, and serving as a tech workshop lecturer. note, Medium, LinkedIn

目次