MultiTextConverterをNotary Serviceに対応させました

MultiTextConverterをApple Notary Serviceに対応させました。Gatekeeperでのアラートダイアログがシンプルになります。Notary Serviceはマルウェアではないかをアップル社側でチェックする仕組みで、MacAppStore以外で配布されているアプリに対してもより安全に実行できる環境を実現するための仕組みです。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

関連記事

  1. 設定変更でVMWare Fusion上での操作をもっと快適に

  2. NSURLSessionのメモリの扱いについてメモ

  3. Evernoteを使った執筆

  4. rEFIt

  5. MOSADEN ONLINE 第25回の原稿を入稿しました

  6. 色々試した末、Fire TVにしました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行