MultiTextConverterをNotary Serviceに対応させました

MultiTextConverterをApple Notary Serviceに対応させました。Gatekeeperでのアラートダイアログがシンプルになります。Notary Serviceはマルウェアではないかをアップル社側でチェックする仕組みで、MacAppStore以外で配布されているアプリに対してもより安全に実行できる環境を実現するための仕組みです。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. 「STAssertEqualObjects」で「NSData」の違いは…

  2. VMware Fusionのヘッドレス運用

  3. [メモ] OS XでDockerを使う時のツールを整理してみた

  4. Surface RTを入手しました

  5. Windows 10からOS Xのファイルサーバーへの接続がちょっと不…

  6. MOSADeN ONLINE 第22回の記事をアップしました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事