MultiTextConverterをNotary Serviceに対応させました

MultiTextConverterをApple Notary Serviceに対応させました。Gatekeeperでのアラートダイアログがシンプルになります。Notary Serviceはマルウェアではないかをアップル社側でチェックする仕組みで、MacAppStore以外で配布されているアプリに対してもより安全に実行できる環境を実現するための仕組みです。

関連記事

  1. AtomはUndo情報も覚えている

  2. ドキュメントページを作成しました

  3. BootCampでAeroが有効にならなかったときの修正方法

  4. PostgreSQLのセットアップ

  5. rEFIt

  6. Tsearch2のセットアップ -SUSE Linux 9.1 編-

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI