MultiTextConverterをNotary Serviceに対応させました

MultiTextConverterをApple Notary Serviceに対応させました。Gatekeeperでのアラートダイアログがシンプルになります。Notary Serviceはマルウェアではないかをアップル社側でチェックする仕組みで、MacAppStore以外で配布されているアプリに対してもより安全に実行できる環境を実現するための仕組みです。

関連記事

  1. 新年明けましておめでとうございます!

  2. ArduinoにLCDを追加

  3. Mac Miniで minidlna を動かす

  4. Bluetooth使用不能から復活

  5. JIRAのステータスに「保留」を追加する

  6. BlackJackアプリをリリースしました

最近の著書

最近の記事