MultiTextConverterをNotary Serviceに対応させました

MultiTextConverterをApple Notary Serviceに対応させました。Gatekeeperでのアラートダイアログがシンプルになります。Notary Serviceはマルウェアではないかをアップル社側でチェックする仕組みで、MacAppStore以外で配布されているアプリに対してもより安全に実行できる環境を実現するための仕組みです。

関連記事

  1. iOSシミュレータの終了が重い

  2. 仮想マシンと実機

  3. 「基礎から学ぶiPhoneアプリ開発」発売しました

  4. 長く運用するサーバーは仮想マシンにしておこう

  5. 通販サイトの配達の箱、小さくなって欲しい

  6. Netbeansで開発しているものをBambooでテストする

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI