原稿執筆用ソフトを作り始めました

GWも後半ですね。今年は浅草にお参りに行ってきました。特に事前調査無く行ったのですが、偶然にも普段は入ることが出来ない、伝法院の庭園を参観することが出来ました。東京とはとても思えない静かで清涼な空間が広がっていました。

普段は入ることが出来ない伝法院庭園を拝観できました。 #浅草 #浅草寺 #伝法院

Akira Hayashiさん(@akira5814)がシェアした投稿 –

普段は入ることが出来ない伝法院庭園を拝観できました。 #浅草 #浅草寺 #伝法院

Akira Hayashiさん(@akira5814)がシェアした投稿 –

原稿執筆用ソフトを作り始めました

突然ですが、原稿執筆用ソフトを作り始めました。書籍の原稿の執筆にはテキストエディタを使っているのですが、セクション単位でファイルを分けています。そして、順番を入れ替えたりしながら、原稿を進めていくのですが、ファイルが増えてくると、全体の見通しが悪くなってしまったり、管理しづらくなることがあります。そこで、プロジェクトベースで出来るソフトを使ったりしたのですが、動作速度やちょっとしたところの機能の方向性などについて、う〜ん、と思ってしまうことがありました。
そこで、自分で作ることにしました。
というのは、表向きの納得させるための理由で、本音は作りたかったからです。Swiftである程度の規模のアプリを作りたいという気持ちが抑えきれなくなりました。8年前までシェアウェアとして公開していたRKDetailDesignをベースにして、Swiftで再実装しています。自分で作れば、ドッグフーディングで自分で使いながら必要なことを付け足したり、変更したりが出来ます。それによって原稿やドキュメント作成の生産性向上を狙っていたりもします。
まだ、公開できる状態では無いので公開していません。Objective-CとC++のコードをSwiftで置き換える作業が終わった段階で、公開しようと思っています。確定では無いですが、OSSにしようと思っています。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. 内部の作業環境のインフラ整備

  2. RKDetailDesign Nightly Build 162.00…

  3. Todoistで一番重要な機能はダイジェストメールだと思う

  4. MultiTextConverter 3.5.5を公開しました

  5. Nexus7完全放電から復活まで

  6. Xcodeの外部エディタを設定して効率アップ

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事