[メモ] Bitbucket Serverのバックアップ設定

Bitbucket Serverのバックアップを設定しました。
今までは、rsyncとpg_dumpの組み合わせでスクリプト化していたのですが、自己流だとBitbucketをロックしていないことに気がつきました。

適切なバックアップ方法

公式の方法や適切な方法があるのか調べてみると、次のような情報を見つけました。
Data recovery and backups – Atlassian Documentation より

Two ways to back up Bitbucket Server
To cater for these different policies and requirements, Bitbucket Server provides two different backup strategies:

  • the Bitbucket Server Backup Client,
  • Bitbucket Server DIY Backup.

なるほど、上記のいずれかの方法を使えば良いようです。そこで両方試してみたのですが、前者は私の環境では上手く動かず、後者の「Bitbucket Server DIY Backup」を設定しました。

Time:Pieceが未インストール

しかし、これも直ぐには動きませんでした。
まずは、次の記事からリンクされているスクリプト一式をダウンロードし、「bitbucket.diy-backup.vars.sh」ファイルを編集しました。
Using Bitbucket Server DIY Backup – Atlassian Documentation
早速実行してみると、次のようなエラーが出てしましいました。
[cc]tar (child): /var/atlassian/bitbucket_backup_archives/: open 不能: ディレクトリです
tar (child): Error is not recoverable: exiting now[/cc]
スクリプトを調べてみると、PerlのTime:Pieceを使っているのですが、Bitbucket Serverを動かしているサーバーにはインストールされていなかったことが原因でした。
次のようにして、Time:Pieceをインストールしました。
[cc]yum install perl-Time-Piece[/cc]

実行時間

実行時間は比較的早いと思うのですが、仮想PC上で動かしていて、レポジトリの容量が圧縮されている状態で4GBという条件で動作させると、アーカイブを作るのに5分くらいかかります。
これを更にOS Xのタイムマシンでバックアップさせるとすると、1日あたり必要なストレージ容量が4GB * 24 = 96GBとなります。1時間おきに動作させると、結構容量を食ってしまうので、1日1回くらいが良さそうです。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. GPGの鍵の生成方法

  2. Android StudioやAppCodeの割り当てメモリを変更する…

  3. Xcode 8.3に移行したらnullabilityのワーニングが出た…

  4. 犬用インスリン注射の打ち方

  5. Edgeのアドレスバーの検索エンジンの変更方法

  6. GPGの秘密鍵や公開鍵のバックアップ方法

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事