通販サイトの配達の箱、小さくなって欲しい

最近、暑いので少し遠出で買い物に行くのは嫌で、通販サイトをよく使っています。今日は近所で直ぐに買える文房具すら通販サイトで送ってもらいました。
テレビやビジネス誌などでも報じられるように、ネット通販がかなり伸びているようです。それに伴って、通販サイトも便利なものが増えてきていて、注文した日に届けてくれたり、配達日を指定できるだけではなく、時間帯まで指定できたりと、外出を躊躇しても良いと思えるようになってきて、うれしい限りです。
ただ、いつも思うのですが、配達に使う箱、もう少し、小さくならないのでしょうか。売る方からすれば、箱の種類が増えると、コストがかさむと思うのですが、明らかに、箱がでかすぎるということが多いと思います。
というよりも、箱では無く、緩衝材が付いているA4封筒とかが中心になってくれても良いのにと願っている次第です。もっと簡易的な包装で良いのにと、箱に大量に入っている緩衝材を見ながら、今回も思いました。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事