ResEditのアイコンが出てきた

Mac OS Xが登場するよりも遥か昔、MacのOSはMac OSと呼ばれていて、それよりも古い頃になると漢字Talkと呼ばれていました。この当時、プログラマーでなくても使っていた有名なツールに「ResEdit」というものがありました。
ResEditはリソースフォークを編集するためのツールです。当時、Macのファイルはリソースフォークとデータフォークを持った複数のフォークで構成されていました。データフォークは通常のバイナリデータが格納され、リソースフォークにはタイプとIDで構成される構造化されたデータが格納されていました。
アイコンやメニューバー、文字列といった情報はリソースフォークには格納して使うのが一般的で、ResEditを使うと、これらを編集できるので、自分の好みでOSやアプリをカスタマイズしたり、日本語に対応していないアプリの日本語リソースを有志で作って、配布するなどもありました。
私も初めて作ったWebサイトは、ResEditの日本語の解説だったのも思い出です。
そんな、ResEditのアイコン。何となく愛嬌があるもので、ピエロのようなアイコンです。これに思いがけず、再会しました。

なぜか、Excelのファイルを開こうとして、Finderでコンテキストメニューから「このアプリケーションで開く」からExcelを選択したら、突然、このアイコンになりました。
ExcelかOSのどちらかに残っているのでしょう。
オリジナルを見たことがない方は、これを見ても、ピエロには見えないでしょう。是非、画像検索で「ResEdit」を検索してみてください。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事