ResEditのアイコンが出てきた

Mac OS Xが登場するよりも遥か昔、MacのOSはMac OSと呼ばれていて、それよりも古い頃になると漢字Talkと呼ばれていました。この当時、プログラマーでなくても使っていた有名なツールに「ResEdit」というものがありました。
ResEditはリソースフォークを編集するためのツールです。当時、Macのファイルはリソースフォークとデータフォークを持った複数のフォークで構成されていました。データフォークは通常のバイナリデータが格納され、リソースフォークにはタイプとIDで構成される構造化されたデータが格納されていました。
アイコンやメニューバー、文字列といった情報はリソースフォークには格納して使うのが一般的で、ResEditを使うと、これらを編集できるので、自分の好みでOSやアプリをカスタマイズしたり、日本語に対応していないアプリの日本語リソースを有志で作って、配布するなどもありました。
私も初めて作ったWebサイトは、ResEditの日本語の解説だったのも思い出です。
そんな、ResEditのアイコン。何となく愛嬌があるもので、ピエロのようなアイコンです。これに思いがけず、再会しました。

なぜか、Excelのファイルを開こうとして、Finderでコンテキストメニューから「このアプリケーションで開く」からExcelを選択したら、突然、このアイコンになりました。
ExcelかOSのどちらかに残っているのでしょう。
オリジナルを見たことがない方は、これを見ても、ピエロには見えないでしょう。是非、画像検索で「ResEdit」を検索してみてください。

関連記事

  1. MultiTextConverter 3.5.5を公開しました

  2. RKDetailDesign Nightly Build 162.00…

  3. ADT上にJUnitを使ったテスト環境を設定する

  4. 古いマシンのGit対応

  5. StoryboardとXibの使い分け

  6. Nibファイルに空のポップアップボタンを配置するときの注意

最近の著書

最近の記事