File Manager由来のAPIがDeplecatedになっていた

常日頃、書いているコードは古いOSにも対応させるためにSDKは古いバージョンの使うことが多いのですが、今回、たまたま、最新のOS X SDK 10.8で書く機会があり、古いコードを最新の環境に持ってきたときに気がついたことがあります。
File Manager由来のAPIが10.8でDeplecatedになっていました。Mac OSのファイル操作系のAPIは、何度もバージョンアップというか、置き換わってきました。そして、少し前の最新はFSOpenForkなど、FSから始まっているAPIでした。その少し前は、FSpから始まっているもの、さらに前は。。。というように何度も置き換わってきました。そして、今回、10.8系ではFS系のものがDeplecatedになりました。
では、どれを使うべきかというと、Objective-Cではあれば、NSFileHandleやNSDataなどのクラスに用意されたメソッドを使用する。CやC++であれば、POSIX/BSDレイヤーの関数群を使用します。
POSIX/BSDレイヤーの関数群はかなり昔からあるもので、OS X自身はUNIXなのでこれらが使えるのは当たり前のことですが、ちょっと新鮮さを覚えました。新たなラッパーを作るよりも大本を使った方がオーバーヘッドもなく効率的です。また、POSIX系のAPIを使うと移植もやりやすくなるでしょう。また、POSIX系のファイル操作APIは古いOSでも対応しています。
このオーバーヘッドが馬鹿にならないときもあって、ファイルシステムの種類によってはFS系使うと遅いのに、BSDのAPIを使うと早いなんてことも実際に経験しています(HFS+とかだと経験無いですけど、その他のファイルシステムで条件が揃うと10倍くらい変わるときがあります)。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Cornerstone、これだけ知っていればとりあえず始められる

  2. 「基礎から学ぶiPhoneアプリ開発」発売しました

  3. OpenCLが利用可能なプラットホームについて

  4. Mac Pro の強さはベンチマークの数字以外にもある

  5. RKDetailDesign 1.6.3

  6. macOSへのPython 3の導入

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事