Mac OS X Legacy Libraryのリファレンス

だいぶ少数派にはなってきましたが、QuickTimeの古いAPIを使う機会があります。暗記していないAPIはリファレンスを参照しますが、QuickTimeのリファレンスはもはや標準ではインストールされていませんでした。
Xcodeの環境設定を開いて、Documentationタブのドキュメントセットの中から「Mac OS X Legacy Library」の横の「取得」ボタンをクリック。これで古いAPIのドキュメントがインストールされます。
結構、時間がかかるのでフリーズしたか!?と勘違いします。
このようなときは、アクティビティモニタを起動して、ネットワークのトラフィックをチェック。ダウンロードしているのをみれば、安心できます。

関連記事

  1. C言語逆引きハンドブックの発売日について

  2. JIRAの要約ページのグラフのこと

  3. iPhone 7のSuicaを試してみた

  4. Swift、オープンソース化、本当に出た!

  5. [お知らせ] MOSA Software Meeting 2015のお…

  6. メールサーバーを移行しました

最近の著書

最近の記事