Mac OS X Legacy Libraryのリファレンス

だいぶ少数派にはなってきましたが、QuickTimeの古いAPIを使う機会があります。暗記していないAPIはリファレンスを参照しますが、QuickTimeのリファレンスはもはや標準ではインストールされていませんでした。
Xcodeの環境設定を開いて、Documentationタブのドキュメントセットの中から「Mac OS X Legacy Library」の横の「取得」ボタンをクリック。これで古いAPIのドキュメントがインストールされます。
結構、時間がかかるのでフリーズしたか!?と勘違いします。
このようなときは、アクティビティモニタを起動して、ネットワークのトラフィックをチェック。ダウンロードしているのをみれば、安心できます。

関連記事

  1. [お知らせ] UdemyでiOSアプリの開発方法について解説した講座の…

  2. サイトのリニューアルを行っています

  3. 今後はソフトがもっと重要になる

  4. 古いマシンのGit対応

  5. MacPro 2013からHDMIで60Hzのリフレッシュレートにした…

  6. iMac 27インチをホワイトボードの代わりにしたら作業効率が向上した…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行