Mac OS X Legacy Libraryのリファレンス

だいぶ少数派にはなってきましたが、QuickTimeの古いAPIを使う機会があります。暗記していないAPIはリファレンスを参照しますが、QuickTimeのリファレンスはもはや標準ではインストールされていませんでした。
Xcodeの環境設定を開いて、Documentationタブのドキュメントセットの中から「Mac OS X Legacy Library」の横の「取得」ボタンをクリック。これで古いAPIのドキュメントがインストールされます。
結構、時間がかかるのでフリーズしたか!?と勘違いします。
このようなときは、アクティビティモニタを起動して、ネットワークのトラフィックをチェック。ダウンロードしているのをみれば、安心できます。

関連記事

  1. OpenCLと他の並列化技術との比較雑感

  2. 山手トンネルウォークに参加しました

  3. MONSTER 飲んでみた

  4. Sublime Text 2 というテキストエディタを試し中

  5. boot2dockerはDocker実行用のLinuxディストリビュー…

  6. 古いマシンのGit対応

最近の著書

最近の記事