Mac OS X Legacy Libraryのリファレンス

だいぶ少数派にはなってきましたが、QuickTimeの古いAPIを使う機会があります。暗記していないAPIはリファレンスを参照しますが、QuickTimeのリファレンスはもはや標準ではインストールされていませんでした。
Xcodeの環境設定を開いて、Documentationタブのドキュメントセットの中から「Mac OS X Legacy Library」の横の「取得」ボタンをクリック。これで古いAPIのドキュメントがインストールされます。
結構、時間がかかるのでフリーズしたか!?と勘違いします。
このようなときは、アクティビティモニタを起動して、ネットワークのトラフィックをチェック。ダウンロードしているのをみれば、安心できます。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Xcodeのコーディング効率が上がるかもしれないTips

  2. MultiTextConverterのSwiftで書き直しを始めました…

  3. Nexus7完全放電から復活まで

  4. HDDが壊れるときは突然やってくる

  5. JavaとRetinaディスプレイ

  6. Mac版のExcel 2016とATOK 2015は相性が悪い?

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事