Mac OS X Legacy Libraryのリファレンス

だいぶ少数派にはなってきましたが、QuickTimeの古いAPIを使う機会があります。暗記していないAPIはリファレンスを参照しますが、QuickTimeのリファレンスはもはや標準ではインストールされていませんでした。
Xcodeの環境設定を開いて、Documentationタブのドキュメントセットの中から「Mac OS X Legacy Library」の横の「取得」ボタンをクリック。これで古いAPIのドキュメントがインストールされます。
結構、時間がかかるのでフリーズしたか!?と勘違いします。
このようなときは、アクティビティモニタを起動して、ネットワークのトラフィックをチェック。ダウンロードしているのをみれば、安心できます。

関連記事

  1. 週一メンテナンス

  2. 「iPadで学ぶ はじめてのプログラミング」の見本誌が届きました

  3. Wi-Fi親機を入れ替え

  4. 年末です

  5. BLOGOSが良い感じ

  6. Mac Pro Late 2013 と MacBook Pro 201…

最近の著書

最近の記事