VMware Fusion 4 でのLionのインストール方法

VMware Fusion 4からLionをゲストOSとしてインストールすることができるようになりました。技術的な面だけではなく、使用許諾面でもMac App Storeから購入したLionについては、仮想化で使用できるようになりました(インストール数の制限はありますが)
しかし、どうやってゲストOSとしてインストールするのかがなかなかわからず、苦戦してしまいましたが、リリースノートに次のように書かれていました。
「Just drag “Install Mac OS X Lion.app” onto New VM Assistant to start install」
つまり、仮想マシンの新規作成を選択して、「ディスクを使用せずに続行」というボタンが出ているところで、「Mac OS X Lion インストール」のアイコンをウインドウにドラッグ&ドロップすれば良いとのこと。
早速、やってみると、次のようになり、インストールが開始されました。

新規仮想マシンアシスタントにドラッグ&ドロップ

新規仮想マシンアシスタントにドラッグ&ドロップ


インストーラがインストールディスクとして認識される

インストーラがインストールディスクとして認識される

関連記事

  1. File Manager由来のAPIがDeplecatedになっていた…

  2. Gitへの移行

  3. Subversionのコメントはしっかり書いた方が良い

  4. Nibファイルに空のポップアップボタンを配置するときの注意

  5. 自動アップデート機能のためのフレームワーク

  6. RKTextConverter 1.0.0公開

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI
  3. 基礎から学ぶ SwiftUI