XcodeやAppCodeで16進数や2進数で値を確認する方法

デバイスと通信する系のプログラミングをしていると、デバッグ時に数値を10進数ではなく、16進数や2進数で見たいときがあります。例えば、次のようなときは必須です。

  • 仕様で定義されているコードが16進数であり、一致しているかデバッグ時に確認したいとき
  • ビット単位で意味があるときに、特定のビットの状態を知りたいとき

私が日頃使っている開発環境は、XcodeとAppCodeなので、この2つの開発環境で確認する方法をまとめました。

Xcodeの場合

Xcodeの場合は簡単です。この記事の執筆時点での最新版はXcode 9.1なのですが、以下の様に操作します。

(1) ブレークポイントで止める

(2) デバッグエリアの変数ビューで、確認したい変数を副ボタンクリック(右クリック、Ctrl+クリック)

(3) 「View Value As」→「Hex」を選択で16進数表示になります。

Xcode上で「View Value As」→「Hex」を選択

16進数表示

(3)で「Binary」を選択すれば、2進数表示になります。「Default」を選択すれば元に戻ります。

2進数表示

AppCode

この記事を執筆する時点での最新版は、2017.2.6なのですが、ビルトイン機能に16進数表示や2進数表示は無いです。有るかもと思い、色々検索してみたのですが、見つかりませんでした。そこで、LLDBの機能を使います。次のような手順です。

(1) ブレークポイントで止める

(2) Debugエリアの「LLDB」をクリック

LLDBタブ

(3) 「p/x 変数」と入力すると、16進数表示が出ます。(「変数」には値を確認したい変数を書く)

(4) 「p/t 変数」と入力すると、2進数表示が出ます。

16進数表示と2進数表示

お知らせ

「小学生でもわかる プログラミングの世界」を執筆しました!

プロフィール

林 晃
アールケー開発 代表
NPO法人MOSA 常任理事
ソフトウェアエンジニア

2005年にアールケー開発を開業し、企業から依頼を受けて、ソフトウェアを受託開発しています。macOSやiOSのソフトウェアを専門に開発しています。ソフトウェア開発の他に、技術書執筆、セミナー講師、オンライン教育コンテンツ開発などを行っています。

詳細はこちらをご覧ください。

アールケー開発について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする