ParallelsのUSB制御がとても良くなっている

Parallels Desktop のバージョン13がUSBの制御がとても良くなったことに気が付きました。
USB機器と直接通信するようなプログラムを開発するときに、動作確認のために色々なバージョンのOSを使います。中にはバージョンによってコードが変わったり、ドライバ(kext)のコードの変更が必要だったりで、色々なバージョンのOSを入れたテスト/開発用マシンを用意しています。
これって仮想マシンでも同じようにデバッグが出来るととても開発の効率が上がるのになぁ〜と思ってきました。しかし、仮想マシンに直接USB機器を接続して、コードを走らせて見ると、どうも上手く動きません。プリンタやスキャナなどは良いのですが。。。例えば、仮想マシンでmacOSを動かし、その上でXcodeを動かして、iPhoneを仮想マシンに接続。仮想マシンのXcodeから実機デバッグやろうとすると、ダメということが多かったです。
しかし、Parallels Desktop 13で状況が変わりました。今まで仮想マシン上では動かなかったUSB機器の通信プログラムが普通に動作します。これは開発の効率が上がります。Xcodeからデバッグ実行まで出来るかは試していないのですが、ビルド済みのプログラムが動くというだけでも大きな進化です。
FireWire機器はどうなのかなと思い試して見ると、USB機器として接続されました。なので、FireWire接続を前提にしている通信プログラムは残念ながら動きませんでした。
とてもうれしいバージョンアップでした。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Virtual USB AnalyzerとVMwareを使ったUSBパ…

  2. Parallels desktop 12 Pro Edition にア…

  3. Parallelsのキーボードショートカット設定の変更に気が付いた

  4. 仮想環境と古いXcodeそして古いOS

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事