湘南.swift 2017 でiOS 11のドラッグ&ドロップの実装方法を解説します

湘南.swift 2017はNPO法人MOSAが主催するプログラマー向けのイベントです。2017年10月14日から15日の2日間かけて最新技術をテーマにセミナーやワークショップを行います。講師が配布する資料やサンプルコードは全ての参加者に提供されます。今年のテーマは「AI、AR、IoT、iOS 11」です。
詳細はこちら。
湘南.swift (MOSA Software Meeting 2017)

湘南.swift 2017 (2017年10月14日から15日に開催) にて、iOS 11の新機能、ドラッグ&ドロップに対応するための実装方法をコードで解説します。カスタムビューやテーブルビューで、アプリ内では移動、アプリ外とはコピー、ドロップされた場所による処理変更などをコードで解説します。
例えば、次の動画はサンプルアプリを動かしているところです。

このサンプルアプリでは、ドラッグ開始地点やドロップされた場所によって処理を変更したり、アプリ内かアプリ外かによってコピーと移動とを変更したりしています。また、セッションではテーブルビューのドラッグ&ドロップも解説します。テーブルビューについてもアプリ内外で処理を変更するための実装方法などを解説します。
サンプルアプリはコードも含めて配布します。
湘南.swift 2017の詳細はこちらです。
湘南.swift (MOSA Software Meeting 2017)

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. MOSAではメールマガジンの配信を開始しました

  2. 中学生でもわかる iOSアプリ開発講座 訂正情報・更新情報

  3. 2016年もありがとうございました

  4. TechGaku チュートリアル公開のお知らせ

  5. 見本誌とどきました

  6. [お知らせ] MSM2016でiMessageアプリについてのセミナー…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事