湘南.swift 2017 でiOS 11のドラッグ&ドロップの実装方法を解説します

湘南.swift 2017はNPO法人MOSAが主催するプログラマー向けのイベントです。2017年10月14日から15日の2日間かけて最新技術をテーマにセミナーやワークショップを行います。講師が配布する資料やサンプルコードは全ての参加者に提供されます。今年のテーマは「AI、AR、IoT、iOS 11」です。
詳細はこちら。
湘南.swift (MOSA Software Meeting 2017)

湘南.swift 2017 (2017年10月14日から15日に開催) にて、iOS 11の新機能、ドラッグ&ドロップに対応するための実装方法をコードで解説します。カスタムビューやテーブルビューで、アプリ内では移動、アプリ外とはコピー、ドロップされた場所による処理変更などをコードで解説します。

例えば、次の動画はサンプルアプリを動かしているところです。

このサンプルアプリでは、ドラッグ開始地点やドロップされた場所によって処理を変更したり、アプリ内かアプリ外かによってコピーと移動とを変更したりしています。また、セッションではテーブルビューのドラッグ&ドロップも解説します。テーブルビューについてもアプリ内外で処理を変更するための実装方法などを解説します。

サンプルアプリはコードも含めて配布します。

湘南.swift 2017の詳細はこちらです。
湘南.swift (MOSA Software Meeting 2017)

お知らせ

「小学生でもわかる プログラミングの世界」を執筆しました!

プロフィール

林 晃
アールケー開発 代表
NPO法人MOSA 常任理事
ソフトウェアエンジニア

2005年にアールケー開発を開業し、企業から依頼を受けて、ソフトウェアを受託開発しています。macOSやiOSのソフトウェアを専門に開発しています。ソフトウェア開発の他に、技術書執筆、セミナー講師、オンライン教育コンテンツ開発などを行っています。

詳細はこちらをご覧ください。

アールケー開発について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする