【プログラミングの世界 Vol.3】 Performa 520との出会い

N-88 Basicと出会ったNECのPC-9801はその後ゲーム機になってしまいました。プログラミングよりもPCゲームの方に興味が向きました。その後、紆余曲折が有り、NEC-PC9801からNEC-PC8801に変わってから、再び、Basicでのプログラミングを楽しんでいました。しかし、ある日、このマシンは煙を上げて壊れてしまいました。

Performa 520と出会う

その後、Performa 520と出会います。私が出会った初めてのMacです。当時、パソコンは普通の人には珍しいものでした。当然、近所の家電店には置いてありませんでした。しかし、Performa 520は違いました。コジマで家庭用のパソコンとして売り出されました。
Performa 520は、LC 520に家庭向けのソフトが添付され、Finderの代わりにAt Easeというランチャーが組み込まれた形で販売されました。我が家ではプログラミングのパソコンではなく、英語の学習に役立つとして購入しました。当時の私は中学生。英語は学校で習っているほかに、通信教育でカセットテープを使った教材で勉強していました。
Performa 520に付属していた英語学習ソフトは、動画などもあり、とても分かりやすいものでした。アプリ本体とデータはCD-ROMに入っていて、キャディというケースみたいなものに入れて、キャディごとMacのCDドライブに挿入して使いました。内蔵HDDは160MBです。ちなみに、当時のmacOSは漢字Talk 7で、QuickTimeもバージョン1.0でした。まだ、フルカラーにすると重いので、3万2000色や256色に設定していました。動画の解像度も300×225ピクセル程度だったと思います。
このマシンから私のMacとの付き合いが始まりました。
Macintosh Performa 520 技術仕様

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事