【プログラミングの世界 Vol.3】 Performa 520との出会い

N-88 Basicと出会ったNECのPC-9801はその後ゲーム機になってしまいました。プログラミングよりもPCゲームの方に興味が向きました。その後、紆余曲折が有り、NEC-PC9801からNEC-PC8801に変わってから、再び、Basicでのプログラミングを楽しんでいました。しかし、ある日、このマシンは煙を上げて壊れてしまいました。

Performa 520と出会う

その後、Performa 520と出会います。私が出会った初めてのMacです。当時、パソコンは普通の人には珍しいものでした。当然、近所の家電店には置いてありませんでした。しかし、Performa 520は違いました。コジマで家庭用のパソコンとして売り出されました。

Performa 520は、LC 520に家庭向けのソフトが添付され、Finderの代わりにAt Easeというランチャーが組み込まれた形で販売されました。我が家ではプログラミングのパソコンではなく、英語の学習に役立つとして購入しました。当時の私は中学生。英語は学校で習っているほかに、通信教育でカセットテープを使った教材で勉強していました。

Performa 520に付属していた英語学習ソフトは、動画などもあり、とても分かりやすいものでした。アプリ本体とデータはCD-ROMに入っていて、キャディというケースみたいなものに入れて、キャディごとMacのCDドライブに挿入して使いました。内蔵HDDは160MBです。ちなみに、当時のmacOSは漢字Talk 7で、QuickTimeもバージョン1.0でした。まだ、フルカラーにすると重いので、3万2000色や256色に設定していました。動画の解像度も300×225ピクセル程度だったと思います。

このマシンから私のMacとの付き合いが始まりました。

Macintosh Performa 520 技術仕様

お知らせ

「小学生でもわかる プログラミングの世界」を執筆しました!

プロフィール

林 晃
アールケー開発 代表
NPO法人MOSA 常任理事
ソフトウェアエンジニア

2005年にアールケー開発を開業し、企業から依頼を受けて、ソフトウェアを受託開発しています。macOSやiOSのソフトウェアを専門に開発しています。ソフトウェア開発の他に、技術書執筆、セミナー講師、オンライン教育コンテンツ開発などを行っています。

詳細はこちらをご覧ください。

アールケー開発について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする