Swiftでコマンドラインツールを作る(コマンドライン引数と標準入出力)

Swiftでコマンドラインツールを作るときに必要になることを調べました。

プロジェクトの作成方法

Xcodeでコマンドライン用の引数を作るには、プロジェクトのテンプレートで、「macOS」の「Command Line Tool」を選択します。プロジェクトのオプションで言語に「Swift」を指定します。

コマンドライン引数の扱い方

Swiftには「main」関数が無いので、「main」関数の引数からコマンドライン引数を取得するということは出来ません。コマンドライン引数を取得するには、「CommandLine」構造体の「arguments」プロパティを使います。
「arguments」プロパティは次のように、「String」の配列になっています。
public static var arguments: [String]
スペース区切りで配列のアイテムが割り当てられます。例えば、
$> ./cmdline arg1 arg2 arg3
と入力すると、配列は次のような要素が格納されます。

  • ./cmdline
  • arg1
  • arg2
  • arg3

ダブルクォーテーションやエスケープシーケンスも正しく処理されます。例えば、
$> ./cmdline "arg1 arg1" arg2\ arg2 "\"arg3\""
と入力すると、配列は次のようになります。

  • ./cmdline
  • arg1 arg1
  • arg2 arg2
  • “arg3”

標準入出力の読み書き

コマンドラインツールを使っていると、標準出力や標準入力、標準エラーを使うことがあります。単純に文字列を出力したいだけであれば、「print」関数で標準出力に出力することも出来ます。しかし、少しちゃんとしたものを作ろうと思うと、標準出力と標準エラーの使い分けや、標準入力からのリダイレクトを受け付けるなどが出てきます。
Swiftで標準入出力、エラーを扱うには、「FileHandle」クラスのプロパティを使います。
class var nullDevice: FileHandle // nullデバイス
class var standardError: FileHandle // 標準エラー
class var standardInput: FileHandle // 標準入力
class var standardOutput: FileHandle // 標準出力

「FileHandle」にデータを書き込むには「write」メソッド、読み込むには「readData」メソッドや「readDataToEndOfFile」メソッドなどを使います。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Mac OS X上でUUIDを作成する

  2. [メモ] Bitbucket Serverのバックアップ設定

  3. Ubuntu上でSwiftを使うためにCLionを試してみる

  4. セカンダリアプリ判定

  5. AsciiDocのマークアップ早見表

  6. Xcode 10対応 : 古いヘッダーマップはサポートされなくなる

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事