2016年もありがとうございました

この記事を執筆している時点から、1時間ほどで2016年も終わりとなります。皆様、今年もありがとうございました。
新年は開発業務で新しいことに取り組めるのが楽しみです。また、開発時に使用している内部ツールの改善や開発プロセスの改善により、さらに開発の効率を高める予定です。それによってできる自由な時間で更なる改善や新しいことに取り組みたいと思っています。既に開発プロセスの改善には取りかかっています。例えば、ConfluenceやJIRAを使った要件定義やプロジェクトの進め方などです。
出版においても新刊の企画が既に走っています。こちらも新年の前半に発刊まで行きたいと思っています。MOSAでも新年の前半にセミナーを担当する予定です。
その他のコンテンツ開発やOSSでの開発も企画検討中です。Swift版のMTCCoreをOSSで開発していますが、これをまずは完成させたいと思っています。こちらはGitHubに置いています。
どうぞ、新年もよろしくお願いいたします。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. 中学生でもわかる iOSアプリ開発講座 訂正情報・更新情報

  2. 基礎から学ぶ SwiftUI

    「基礎から学ぶ SwiftUI」を執筆しました

  3. MultiTextConverter Windows版について

  4. TechGaku チュートリアル公開のお知らせ

  5. プログラミング的思考力養成研修の講師を務めました

  6. [お知らせ] MSM2016でiMessageアプリについてのセミナー…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事