2016年もありがとうございました

この記事を執筆している時点から、1時間ほどで2016年も終わりとなります。皆様、今年もありがとうございました。
新年は開発業務で新しいことに取り組めるのが楽しみです。また、開発時に使用している内部ツールの改善や開発プロセスの改善により、さらに開発の効率を高める予定です。それによってできる自由な時間で更なる改善や新しいことに取り組みたいと思っています。既に開発プロセスの改善には取りかかっています。例えば、ConfluenceやJIRAを使った要件定義やプロジェクトの進め方などです。
出版においても新刊の企画が既に走っています。こちらも新年の前半に発刊まで行きたいと思っています。MOSAでも新年の前半にセミナーを担当する予定です。
その他のコンテンツ開発やOSSでの開発も企画検討中です。Swift版のMTCCoreをOSSで開発していますが、これをまずは完成させたいと思っています。こちらはGitHubに置いています。
どうぞ、新年もよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 見本誌とどきました

  2. 中学生でもわかる iOSアプリ開発講座 訂正情報・更新情報

  3. MultiTextConverter Windows版について

  4. [お知らせ] MSM2016でiMessageアプリについてのセミナー…

  5. AKIBA.swiftさんとの合同勉強会で発表しました 「Macアプリ…

  6. 湘南.swift 2017 でiOS 11のドラッグ&ドロップの実装方…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI