Wi-Fi親機を入れ替え

Wi-Fi親機をBuffaloのWSR-2533DHPに入れ替えました。5GHzで1768Mbps、2.4GHzで800Mbpsまでの転送レートが出るという親機です。もちろん理論値ですが。
そこまで早い無線LANの機器は持っていないのですが、メインマシンとして使用しているMacPro Late 2013は、1300Mbpsまでの転送レートが出るはずなので、LANよりも理論値が出れば高速になります。
最近の親機は色々楽になっていて、開封して直ぐに使える状態になっています。しかし、デフォルトの設定のままではちょっと不安なので、パスワードを変更したりなど、諸々設定を変更しました。
BuffaloにはAOSS 2という非常に便利な機能が付いていたのですが、WSR-2533DHPには付いていない。AOSSになっている。。。パスワードを変更したら、QRセットアップも使えない。WPSは使えるけど、3m以上離れると正しく設定できない。ここまでなると手動で設定するほかありません。なぜ、AOSS 2を削除してしまったのでしょうか。。。
設定は完了して、早速動作テストをしてみました。しかし、1300Mbpsにはなりませんでした。ほとんど、867Mbpsになっています。たまに、780Mbpsに下がったり、970Mbpsまでたまーに上がるという感じです。MacPro Late 2013とWSR-2533DHPは同じ部屋にあって、距離は1.7m程度しかはなれていません。障害物も無し。しかし、平均867Mbpsです。
転送レートについては残念ですが、通信は非常に安定している感じです。2Fに親機を設置して、1FでiPhone 7を使っているときも、その前まで使っていたものより安定している感じがします。以前の機器では、1Fでは5GHzでは、詰まることがあったのですが、その感じがありません。
あくまで体感ですが、4×4のビームフォーミングが効いているのかもです。

関連記事

  1. Parallels desktop 12 Pro Edition にア…

  2. 堀之内公園の大賀ハス

  3. Cornerstone、これだけ知っていればとりあえず始められる

  4. 最近のOS Xでのインストーラ作成

  5. macOSへのPython 3の導入

  6. GUIクライアントを使うとコミット漏れが防げる気がする

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI