Swift 3のセミナー資料作成

12/8に行う「Swift 3で何が変わり既存のコードをどう変えるのか」の資料作成中です。
MTCCoreで行ったSwift 3対応作業と解説のまとめ、Swift API Design Guidelinesで何が書かれているのかのまとめを書きました。
まだ、DTP前のテキストの段階だけど、それなりのボリュームになってきた。

2016年12月8日に、MOSA主催で技術セミナー「Swift 3の変更点、TensorFlowの可能性を実感しよう」を開催します。その第1部で「Swift 3で何が変わり既存のコードをどう変えるのか」というセッションを担当します。参加申し込みはこちらです。
【夜間】MOSA技術セミナー「Swift 3の変更点、TensorFlowの可能性を実感しよう」

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. JavaとRetinaディスプレイ

  2. BootCampを使ったMacへのWindows XPのインストール

  3. MOSADEN ONLINE 第25回の原稿を入稿しました

  4. 「googletest」をXcodeで使う

  5. RKDetailDesign Nightly Build 162.00…

  6. Debian on IBM eServer xSeries 205

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事