Swift 3のセミナー資料作成

12/8に行う「Swift 3で何が変わり既存のコードをどう変えるのか」の資料作成中です。
MTCCoreで行ったSwift 3対応作業と解説のまとめ、Swift API Design Guidelinesで何が書かれているのかのまとめを書きました。
まだ、DTP前のテキストの段階だけど、それなりのボリュームになってきた。

2016年12月8日に、MOSA主催で技術セミナー「Swift 3の変更点、TensorFlowの可能性を実感しよう」を開催します。その第1部で「Swift 3で何が変わり既存のコードをどう変えるのか」というセッションを担当します。参加申し込みはこちらです。
【夜間】MOSA技術セミナー「Swift 3の変更点、TensorFlowの可能性を実感しよう」

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

関連記事

  1. SourceTree最新版は公式サイトをチェック

  2. File Manager由来のAPIがDeplecatedになっていた…

  3. Macで使えるMarkdownエディタ

  4. MOSA Software Meeting 2010で講師をします

  5. XcodeのリファレンスはiOSとOS Xアプリの開発を区別してくれる…

  6. MultiTextConverter は Mac OS X 10.6に…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行