Webサイトのデザインリニューアル

Webサイトのデザインをリニューアルしました。とはいっても、今までとあまり変わっていません。
このWebサイトはWord Pressを使っています。Word Pressはテーマを変えるだけでデザインを大きく変えることが出来ます。今までOSSのテーマをベースに自分で色々な場所をカスタマイズして使っていました。
今回は「Simplicity」というテーマを使ってみました。
このテーマは内部SEOやレスポンシブ対応など、かなり、色々なことをやってくれているテーマです。このテーマに変えたおかげで、やっと、iPhoneやiPadに対応しました。(今更ですが。。。)
あまり見た目が変わっていないのは、このテーマが色々な場所をカスタマイズ出来るおかげで、今までのデザインに近くすることができました。それもソースをいじるのでは無く、管理画面から出来ました。その上で、レスポンシブ対応です。素晴らしいですね。世の中、楽を出来るようになりました。
テーマを変更したのに伴ってプラグインも変更しました。サイドバー(モバイルデバイスでは下の方)に表示されている写真は自分のFlickrのフォトストリームからランダムに取ってきて表示しています。これが今までは、ソースにJava Scriptでコードを貼り付けていましたが、プラグインを使って、API経由で表示するようになりました。
使ったプラグインは「Awesome Flickr Gallery」です。
APIキーを取得する必要がありますが、こちらもWord Pressの管理画面からどのように写真を表示したいかを設定できて便利です。ウィジェットへの表示やこのプラグインの存在は、次のページで知りました。
ブログ(WordPress)のサイドバーにお手軽Flickrギャラリーを設定するプラグイン

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. 古いOS対応アプリを最新Xcodeで作る

  2. MSM 2019 で SwiftUI についてのセッションに登壇しまし…

  3. Webサイトのリニューアル その2

  4. RKDetailDesignで日本語入力プログラムが正しく動作しないと…

  5. Macで使えるMarkdownエディタ

  6. RKDetailDesign 1.6.1 公開しました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事