OpenCLが利用可能なプラットホームについて

Mac OS X

Mac OS X 10.6 (Snow Leopard) から利用可能。利用可能なハードウェアの組み合わせについては発売前のため不明。(2009年8月3日時点)

Mac OS X以外

OpenCLでの動作については、OpenCLに対応しているGPUを搭載したシステムで、対応しているデバイスドライバがインストールされていることが必要。

NVIDIA

CUDA対応のGPUで利用可能となっている。CUDAはNVIDIA社のGPUを使うための技術で、開発キットにはGPUを使ったプログラムに必要なツールやライブラリなどが含まれる。

http://www.nvidia.co.jp/object/cuda_opencl_jp.html

ATI (現AMD)

ATI Stream SDKにて対応を表明しているが、この記事執筆時点では、まだ公開されていない。(2009年8月3日時点)

http://www.amd.com/jp/press-releases/Pages/Press_Release_129534.aspx

関連記事

  1. Obj-Cメソッドの戻り値の型は「BOOL」が良いと思う

  2. iOS 11 の大きなタイトルのナビゲーションコントローラの表示方法

  3. Vistaのブートローダーに表示される文字列の変更方法

  4. Debian on IBM eServer xSeries 205

  5. Swiftが1.0になりましたね

  6. MultiTextConverterのSwiftで書き直しを始めました…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行