Mac OS X ServerでのSubversionのセットアップ

Mac OS X Serverをホストとして、svnserveを使ってSubversionのサーバをセットアップする方法について簡単に説明します。
Subversionはソースコードやドキュメントなどのファイル/ディレクトリのバージョン管理ツールです。ローカルでの利用の他、サーバをセットアップすればネットワーク経由で複数のクライアント間でのデータを同期することが出来、非常に便利です。
このドキュメントは、Mac OS X Serverをホストとして、svnserveを使ってSubversionのサーバをセットアップする方法について簡単に説明します。セキュリティ対策やsshを組み合わせる方法、Subversionそのものの使用方法については書いておりませんが、筆者が参考にした書籍をこのページの後半に記載しました。
なお、Mac OS X Serverは10.4.xを対象としています。それ以外のバージョンでは状況が異なる可能性があります。 (筆者の動作確認環境は10.4.9です)
クライアントソフトについては次のドキュメントをご覧ください。
ファイル、フォルダのバージョン管理を効率的に、Subversionクライアントソフト(マニュアル進行中)

インストール


Mac OS X Serverには標準ではsubversionはインストールされていませんので、別途インストールを行う必要があります。ソースをダウンロードしてきてビルドするなども出来ますが、Finkを利用すると簡単です。
Finkについては、下記のURLを参照してください。

http://finkproject.org/index.php?phpLang=ja

Finkのインストールが終わったら、ターミナルからaptを利用してsubversionをインストールします。

> sudo apt-get update
> suto apt-get install svn

デーモンの設定

マシン起動時にsvnserveが起動されるように設定ファイルを作成します。設定ファイルはProperty List形式のXMLで記述します。/Library/LaunchDaemonsに、subversion.plistという名前のファイルを作成し、以下の内容を入力します。

<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple Computer//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
<key>Label</key>
<string>Subversion</string>
<key>Program</key>
<string>/sw/bin/svnserve</string>
<key>ProgramArguments</key>
<array>
<string>svnserve</string>
<string>--daemon</string>
<string>--root</string>
<string>/svn_repos</string>
</array>
<key>OnDemand</key>
<false/>
</dict>
</plist>

リポジトリの設定

上記の設定ファイルでは、/svn_reposにリポジトリがあるという設定になっていますので、/svn_reposにリポジトリを作成します。

> mkdir /svn_repos
> svnadmin create /svn_repos

以上で、作業終了です。後はシステムを再起動すると次のURLでリポジトリにアクセスすることが出来ます。

svn://<ホスト名>/svn_repos

クライアント側について

Mac OS Xでは、Developer Tools (Xcode)をインストールするとcvsは一緒にインストールされますがSubversionはインストールされません。こちらもaptでインストールします。

> sudo apt-get install svn-client

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. MOSADeN Online 第23回の記事をアップしました

  2. Nexus7完全放電から復活まで

  3. Lionを入れるには非力すぎた

  4. WordPressのリンクウィジェット

  5. ICUのUniversal Binary版のビルド方法

  6. HistoryEditor 1.5.2 Mac版を公開しました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事