Mac OS X ServerでのSubversionのセットアップ

Mac OS X Serverをホストとして、svnserveを使ってSubversionのサーバをセットアップする方法について簡単に説明します。
Subversionはソースコードやドキュメントなどのファイル/ディレクトリのバージョン管理ツールです。ローカルでの利用の他、サーバをセットアップすればネットワーク経由で複数のクライアント間でのデータを同期することが出来、非常に便利です。
このドキュメントは、Mac OS X Serverをホストとして、svnserveを使ってSubversionのサーバをセットアップする方法について簡単に説明します。セキュリティ対策やsshを組み合わせる方法、Subversionそのものの使用方法については書いておりませんが、筆者が参考にした書籍をこのページの後半に記載しました。
なお、Mac OS X Serverは10.4.xを対象としています。それ以外のバージョンでは状況が異なる可能性があります。 (筆者の動作確認環境は10.4.9です)
クライアントソフトについては次のドキュメントをご覧ください。
ファイル、フォルダのバージョン管理を効率的に、Subversionクライアントソフト(マニュアル進行中)

インストール


Mac OS X Serverには標準ではsubversionはインストールされていませんので、別途インストールを行う必要があります。ソースをダウンロードしてきてビルドするなども出来ますが、Finkを利用すると簡単です。
Finkについては、下記のURLを参照してください。

http://finkproject.org/index.php?phpLang=ja

Finkのインストールが終わったら、ターミナルからaptを利用してsubversionをインストールします。

デーモンの設定

マシン起動時にsvnserveが起動されるように設定ファイルを作成します。設定ファイルはProperty List形式のXMLで記述します。/Library/LaunchDaemonsに、subversion.plistという名前のファイルを作成し、以下の内容を入力します。

リポジトリの設定

上記の設定ファイルでは、/svn_reposにリポジトリがあるという設定になっていますので、/svn_reposにリポジトリを作成します。

以上で、作業終了です。後はシステムを再起動すると次のURLでリポジトリにアクセスすることが出来ます。

svn://<ホスト名>/svn_repos

クライアント側について

Mac OS Xでは、Developer Tools (Xcode)をインストールするとcvsは一緒にインストールされますがSubversionはインストールされません。こちらもaptでインストールします。

関連記事

  1. ADT上にJUnitを使ったテスト環境を設定する

  2. MSM2011にご参加の皆様、ありがとうございました

  3. PDFの管理にConfluenceを使ってみた

  4. 紹介 – Redmineによるタスクマネジメント実践技法

  5. 執筆ツールとしてWikiServerを使ってみる

  6. iOS 6.1でSDK的に変わったこと

最近の著書

最近の記事