Mac OS X ServerでのSubversionのセットアップ

Mac OS X Serverをホストとして、svnserveを使ってSubversionのサーバをセットアップする方法について簡単に説明します。
Subversionはソースコードやドキュメントなどのファイル/ディレクトリのバージョン管理ツールです。ローカルでの利用の他、サーバをセットアップすればネットワーク経由で複数のクライアント間でのデータを同期することが出来、非常に便利です。
このドキュメントは、Mac OS X Serverをホストとして、svnserveを使ってSubversionのサーバをセットアップする方法について簡単に説明します。セキュリティ対策やsshを組み合わせる方法、Subversionそのものの使用方法については書いておりませんが、筆者が参考にした書籍をこのページの後半に記載しました。
なお、Mac OS X Serverは10.4.xを対象としています。それ以外のバージョンでは状況が異なる可能性があります。 (筆者の動作確認環境は10.4.9です)
クライアントソフトについては次のドキュメントをご覧ください。
ファイル、フォルダのバージョン管理を効率的に、Subversionクライアントソフト(マニュアル進行中)

インストール


Mac OS X Serverには標準ではsubversionはインストールされていませんので、別途インストールを行う必要があります。ソースをダウンロードしてきてビルドするなども出来ますが、Finkを利用すると簡単です。
Finkについては、下記のURLを参照してください。

http://finkproject.org/index.php?phpLang=ja

Finkのインストールが終わったら、ターミナルからaptを利用してsubversionをインストールします。

デーモンの設定

マシン起動時にsvnserveが起動されるように設定ファイルを作成します。設定ファイルはProperty List形式のXMLで記述します。/Library/LaunchDaemonsに、subversion.plistという名前のファイルを作成し、以下の内容を入力します。

リポジトリの設定

上記の設定ファイルでは、/svn_reposにリポジトリがあるという設定になっていますので、/svn_reposにリポジトリを作成します。

以上で、作業終了です。後はシステムを再起動すると次のURLでリポジトリにアクセスすることが出来ます。

svn://<ホスト名>/svn_repos

クライアント側について

Mac OS Xでは、Developer Tools (Xcode)をインストールするとcvsは一緒にインストールされますがSubversionはインストールされません。こちらもaptでインストールします。

関連記事

  1. MOSA Software Meeting 2010で講師をします

  2. 今後はソフトがもっと重要になる

  3. ディープラーニングからは可能性をすごく感じる

  4. MSM2014でエクステンションについてセミナーを担当します

  5. セミナーのお知らせ

  6. VMware FusionでSierraを動かすときはメモリ設定に注意…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI
  3. 基礎から学ぶ SwiftUI