Wordのファイルの結合

Mac版のWordでは、Automatorで少し設定するだけで、簡単にWordのファイルを結合するアプリケーションが作れます。

例えば、ワークフローのテンプレートで、アプリケーションを選択し、次の図のように設定するだけで、ドラッグ&ドロップされたWordファイルを結合した新しいウインドウを作成することができます。

Windowsでは、専用のアプリケーションもありますが、Automatorで作ると、使用目的にあわせて動作を最適化できるので便利です(例えば、他のシェルスクリプトと組み合わせて、保存した後、特定の場所にアップロードするとか)。
一つこういうのを作って置いておくと便利なので、作りました。すぐに作れますが、よろしければどうぞ。
ConcatDocsをダウンロードする
私はOffice 2011を使っています。Mac版のOfficeは、毎回、新しいバージョンを購入して使っていますが、今回のバージョンは軽くなった印象です。VBAも復活したので、作業の自動化や効率化に、もう一つ、手段が増えたと思います。

Microsoft Office for Mac Home and Business 2011-1 パック
マイクロソフト (2010-10-27)
売り上げランキング: 73

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. MSM 2019 in 原宿 のレポートページが公開されました

  2. 名著百選が開催です

  3. MOSADeN ONLINE 第17回の原稿アップしました

  4. 面白いコンセプトのテキストエディタ – OmmWriter…

  5. WordPressのリンクウィジェット

  6. ドローンは何に使うのかの段階に

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事