紹介 – 「仕組み」進化論

最初はシンプルだった作業も様々な要因が入り、だんだんと複雑になってしまうということはよくあることだと思います。作業手順も複雑になってしまい、マニュアルがなければできない。そしてケアレスミスが起きる可能性が生まれてしまう。そして、時間ばかりがかかるようになってしまう。

このようなとき、どこかで効率化を図る必要があります。コンピュータ上で行う作業なら「自動化」が一つのキーワードになります。Macなら自動化するための仕組みがいろいろあります。AutomatorやApple Script、シェルスクリプトなどなど。場合によってはCocoaでオリジナルのアプリケーションを作ってしまうのもよいと思います。
私の仕事の場合は、ソフト開発が多いので、シェルスクリプトを使い次のコマンドを組み合わせると、かなりの効率化がはかれます。

  • xcodebuild
  • cp
  • mv
  • rm
  • zip
  • hdituil

そして生まれた時間、『小飼弾の 「仕組み」進化論』では、その余った時間で「新しい仕組みを作る」ことをすべきだと説いています。そして、「新しい仕組み」を作るときの注意点、運用時の注意点などを解説しています。単なる効率化せよという低次元な話ではなく、そうしなければ生き残れないという刺激的なメッセージになっていました。
自己啓発本と同じで読んだからすごくなるわけではなく、読んで自分なりに適用してみて初めて効果が出ると思います。

小飼弾の 「仕組み」進化論
小飼 弾
日本実業出版社
売り上げランキング: 626

関連記事

  1. MTMのスライドを公開しました

  2. iPhone 7のSuicaを試してみた

  3. 見間違い防止のため「入力中にスペルチェック」をオフにしてみた

  4. VMware FusionでSierraを動かすときはメモリ設定に注意…

  5. 紹介 – Redmineによるタスクマネジメント実践技法

  6. MultiTextConverterのOS X 10.8対応

最近の著書

最近の記事