紹介 – 「仕組み」進化論

最初はシンプルだった作業も様々な要因が入り、だんだんと複雑になってしまうということはよくあることだと思います。作業手順も複雑になってしまい、マニュアルがなければできない。そしてケアレスミスが起きる可能性が生まれてしまう。そして、時間ばかりがかかるようになってしまう。

このようなとき、どこかで効率化を図る必要があります。コンピュータ上で行う作業なら「自動化」が一つのキーワードになります。Macなら自動化するための仕組みがいろいろあります。AutomatorやApple Script、シェルスクリプトなどなど。場合によってはCocoaでオリジナルのアプリケーションを作ってしまうのもよいと思います。
私の仕事の場合は、ソフト開発が多いので、シェルスクリプトを使い次のコマンドを組み合わせると、かなりの効率化がはかれます。

  • xcodebuild
  • cp
  • mv
  • rm
  • zip
  • hdituil

そして生まれた時間、『小飼弾の 「仕組み」進化論』では、その余った時間で「新しい仕組みを作る」ことをすべきだと説いています。そして、「新しい仕組み」を作るときの注意点、運用時の注意点などを解説しています。単なる効率化せよという低次元な話ではなく、そうしなければ生き残れないという刺激的なメッセージになっていました。
自己啓発本と同じで読んだからすごくなるわけではなく、読んで自分なりに適用してみて初めて効果が出ると思います。

小飼弾の 「仕組み」進化論
小飼 弾
日本実業出版社
売り上げランキング: 626

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. イラストを描いてもらいました

  2. LionでMySQLを稼働させるための5ステップ

  3. WordPressのリンクウィジェット

  4. 自分が通ったプログラミングの学習方法

  5. Virtual USB AnalyzerとVMwareを使ったUSBパ…

  6. ディープラーニングからは可能性をすごく感じる

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事