HistoryEditor Windows版 1.5.2 を公開しました。

HistoryEditor Windows版 1.5.2を公開しました。本バージョンでの変更点は次の通りです。

  • RSS 2.0形式のファイルでタイムゾーンがGMTのファイルを保存できない不具合を修正しました。
  • RSS 2.0形式のファイルをRSS 1.0形式で保存したときに、タイムゾーンがGMTのファイルを正しく保存できない不具合を修正しました。
  • RSS 1.0形式のファイルで、同じURLの記事が複数存在する状態で保存しようとすると、アプリケーションがフリーズする不具合を修正しました。

ダウンロードはこちらから。
HistoryEditor Windows版

関連記事

  1. boot2dockerはDocker実行用のLinuxディストリビュー…

  2. CVSパスワード認証サーバーpserverのセットアップ

  3. インターネットリカバリをするためのネットワーク設定

  4. HistoryEditor Windows版 1.5.1を公開しました…

  5. 気づけばSwiftは1.2になっていた

  6. プロパティ「clipToBounds」の見落としに注意

最近の著書

最近の記事