RKDetailDesign 1.6.2 を公開しました

RKDetailDesign 1.6.2 を公開しました。
今回のバージョンでは64ビット版を追加し、印刷周りの機能を強化しました。それによりページの途中で文字が切れてしまうことが無くなりました。画像ファイルやマインドマップも横幅を印刷領域にフィットするように自動的にサイズを調整するようになりました。
また、プレインテキストファイルの印刷フォントと表示フォントを設定できるようになりました。
これらの修正で大量のファイルを登録したプロジェクトの印刷も快適になります。
リリースノートは次の通りです。

機能追加と仕様変更

・64bit版を追加しました。
・プレインテキストエディタで表示フォントと印刷フォントを指定できるようになりました。
・印刷時にテキストや画像がページの区切りで切れないようになりました(横幅に基づいて縮小しても高さが印刷領域よりも大きな画像には対応していません。また、RTFの埋め込み画像の自動縮小には対応していません)
・プロジェクトウインドウのツリー部分のスクロール位置を記憶するに仕様を変更しました。
・プレインテキスト編集でファイルを読み込めなかったときにエラーメッセージを表示するようにしました。

不具合修正

・ファイル書き出し機能で「書き出し対象」が常に「全アイテム」になる不具合を修正しました。
・画像ファイルを実寸表示したときに、表示位置がずれる不具合を修正しました。
・画像ファイルを実寸表示したときにぼやける不具合を修正しました。
・プレインテキストエディタで、入力したテキストやペーストしたテキストが表示フォントにならない不具合を修正しました。
・印刷するアイテムの先頭が画像ファイルの時にクラッシュする不具合を修正しました。
RKDetailDesignのダウンロードはこちらよりお願いします。
>> RKDetailDesignのダウンロード

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Subversionのコメントはしっかり書いた方が良い

  2. Cornerstone、これだけ知っていればとりあえず始められる

  3. Tomcat AJPポートは「8380」を指定する

  4. 外付けSSDでHFS+とAPFSのベンチマークを取ってみました

  5. ConfluenceとJIRAをパワーアップ

  6. [お知らせ] UdemyでiOSアプリの開発方法について解説した講座の…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事