Wordの見出しに罫線や背景色を付ける

Wordは段落スタイルの設定で背景色や罫線を描くことができます。文字の大きさを変えただけの見出しよりも、背景色や罫線を付けることで見やすい、分かりやすい見出しにできます。

また、それぞれの場所で個別に設定するのではなく、見出しの段落スタイルで設定することで、一つの資料の中で見出しのスタイルを統一でき、変更することも一括で変更できるようになります。

下線(下罫線)を描く

見出し1の段落スタイルで下線を描いてみましょう。次のように操作します。

[1] 「見出し1のテスト」と入力します。

[2] [1]で入力した行に「見出し1」を設定します。

[3] ツールバーの「見出し1」を右クリックし、「変更…」を選択します。

[4] 「書式」ボタンをクリックし「罫線と網掛け…」を選択します。

[5] 「線種」から実線、「色」から「自動」、「線の太さ」から「0.5pt」を選択します。(デフォルト状態で、この設定になっていると思います。)

[6] 下罫線ボタンをクリックします。

[7] 下罫線ボタンが選択状態になり、右側のプレビューにも下罫線が描かれていることを確認して、「OK」ボタンをクリックします。

[8] スタイルの変更ダイアログのプレビューにも下罫線が描かれるようになったことを確認して、「OK」ボタンをクリックします。

[9] 見出し1の次の行に「本文。」と入力します。

行間を調整し罫線の位置のバランスを整える

見出しのテキストと罫線が離れ過ぎていて、少しバランスが悪いので調整します。

罫線を見出しのテキストに近づけるためには、見出しの行間を調整します。

[1] ツールバーの「見出し1」を右クリックし、「変更…」を選択します。

[2] 「書式」ボタンをクリックし「段落…」を選択します。

[3] 「行間」を「固定値」に変更し、「間隔」を「16pt」に変更し、「OK」ボタンをクリックします。

[4] スタイルの変更ダイアログに戻るので「OK」ボタンをクリックして閉じます。

見出し1と本文の間隔を調整する

見出し1の行と、本文の行の間が近すぎて、少しバランスが悪いので調整します。

見出し1の後ろを広げるためには、見出し1の段落後の間隔を調整します。

[1] ツールバーの「見出し1」を右クリックし、「変更…」を選択します。

[2] 「書式」ボタンをクリックし「段落…」を選択します。

[3] 「段落後」を「0.5行」に変更し、「OK」ボタンをクリックします。

[4] スタイルの変更ダイアログに戻るので「OK」ボタンをクリックして閉じます。

背景色を設定する

もう少し見出しが目立つように背景色を追加します。

[1] ツールバーの「見出し1」を右クリックし、「変更…」を選択します。

[2] 「書式」ボタンをクリックし「罫線と網掛け…」を選択します。

[3] 「網掛け」タブを表示します。

[4] 「背景の色」を「青、アクセント 1、白 + 基本色 40%」に変更します。

[5] 罫線の色も変更しましょう。罫線タブに切り替えて、「色」を「青、アクセント1」に変更し、下罫線ボタンを2回クリックします。1回目のクリックで既存の黒い罫線が消えて、2回目のクリックで選択した青い罫線が表示されます。

[6] 「OK」ボタンをクリックし、スタイルの変更ダイアログも「OK」ボタンで閉じます。

網掛けを設定する

少し背景色が強く、見出しのテキストが弱くなってしまいました。もう少し調整しましょう。

改善するには、次のような方法が考えられます。

  • 太字にする
  • 背景色を別の色にする

[1] ツールバーの「見出し1」を右クリックし、「変更…」を選択します。

[2] 「書式」ボタンをクリックし「罫線と網掛け…」を選択します。

[3] 「網掛け」タブを表示します。

[4] 「背景の色」を「青、アクセント1、白+基本色60%」に変更し、「OK」ボタンをクリックします。

[5] スタイルの変更ダイアログに戻ったら、「太字」ボタンをクリックして、太字にします。

[6] プレビューを確認したら「OK」ボタンをクリックして閉じます。

まとめ

見出し1の段落スタイルや罫線・網掛け設定を変更することで、単純に字を大きくしただけの見出しよりも、目立つ見出しが作れます。

また、段落の間隔を調整することで、長文になったときにも読みやすい資料を作ることができます。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. AsciiDocのマークアップ早見表

  2. Hyper-V上のLVMボリュームを空き領域まで広げる

  3. Atomで保存する時にファイル末の改行を消されないようにする

  4. XcodeやAppCodeで16進数や2進数で値を確認する方法

  5. GPGの秘密鍵や公開鍵のバックアップ方法

  6. Xcode 8.3に移行したらnullabilityのワーニングが出た…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事