この記事は1年以上前に書かれた記事です。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。 This article was written over a year ago. Please be aware that the information may be old.

.NET Frameworkクリーンアップツール

.NET Frameworkのインストールやアップデートが正常に出来なくなったときなどに一度きれいにシステム上から.NET Frameworkを削除してくれるツールの紹介ですです。例えば、Windows Updateで0x66Aというエラーコードが表示され、.NET Frameworkのアップデートが成功しないときなどに使用します。

注意

このツールは.NET Frameworkを完全に削除します。.NET Frameworkを使用するプログラムは再度.NET Frameworkをインストールするまで使用できなくなります。このツールの意味をよく理解してご使用ください。このツールの使用はあくまで自己責任です。

ダウンロード

次のサイトからダウンロードできます。

Aaron Stebner’s WebLog

使用方法

起動すると使用許諾が表示され、その後メインダイアログまで遷移します。

メインダイアログ

メインダイアログ

Product to cleanupというコンボボックスから削除する.NET Frameworkのバージョンを選択します。全てのバージョンを削除するときは図1のように「.NET Framework – All Versions」を選択します。

次に、Cleanup Nowボタンを押すと削除が始まります。削除にはしばらく時間がかかります。

削除が完了して成功すると、Current Status欄に「Product cleanup succeeded!」というメッセージが表示されます。失敗したときなどはView Logボタンを押すとログが表示されるのでそこから原因を調べてください。

Exitボタンを押すとプログラムが終了します。

実行後について

このプログラムを実行して成功するとシステムから.NET Frameworkは削除されます。その後、必要なバージョンの.NET Frameworkをインストールしてください。

お知らせ

プロフィール

林 晃
アールケー開発 代表
NPO法人MOSA 常任理事
ソフトウェアエンジニア

2005年にアールケー開発を開業し、企業から依頼を受けて、ソフトウェアを受託開発しています。macOSやiOSのソフトウェアを専門に開発しています。ソフトウェア開発の他に、技術書執筆、セミナー講師、オンライン教育コンテンツ開発などを行っています。

詳細はこちらをご覧ください。

アールケー開発について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする