GPGの鍵の生成方法

記事執筆時点の動作環境

  • macOS 10.13.5 High Sierra
  • gpg (GnuPG) 2.2.8
  • libgcrypt 1.8.3
  • pinentry-mac (pinentry) 0.9.4

GPGの秘密鍵と公開鍵を生成する

GPGの鍵を生成するには、ターミナルから以下の様にコマンドを実行します。

実行すると、以下の様に表示されて、鍵の種類を指定するメッセージが表示されます。

「1」と入力して「(1) RSAとRSA (デフォルト)」を選択します。次に鍵の長さを指定するメッセージが表示されます。

GitHubで署名に使うので「4096」を指定します。次に有効期限を指定するメッセージが表示されます。

好きな長さを指定してください。指定すると確認メッセージが表示されるので「y」を入力します。次に本名を確認するメッセージが表示されます。任意の名前を入力してください。

次はメールアドレスの入力メッセージが表示されます。メールアドレスはGitのリポジトリで使用するメールアドレスを使う必要があります。GitHubの接続には本来のメールアドレスを使っていても、コミットログに本当のメールアドレスが表示されないように別のメールアドレス、例えば、XXXXX@users.noreply.github.comのようなアドレスを使っている場合には、このメールアドレスを指定してください。そうしないと、コミットしたときに、GitHub上でE-Mailアドレスが違うというエラーが表示されます。

メールアドレスを入力すると、次はコメントの入力メッセージが表示されます。空欄で構いません。最後に実行するか確認メッセージが表示されます。「o」を入力します。

パスフレーズの入力ダイアログが表示されます。pinentry-macがセットアップされていないと、ここでクラッシュします。先にセットアップを済ませておいてください。pinentry-macのセットアップ方法については以下の記事を参照してください。

以上で鍵が生成されます。生成された鍵をバックアップしたいときは、以下の記事を参考にバックアップを行ってください。

関連記事

  1. Mac Miniで minidlna を動かす

  2. GPGの秘密鍵や公開鍵のバックアップ方法

  3. AsciiDocのマークアップ早見表

  4. 古いOSは段々アプリが減ってくる

  5. SwiftでのバッファアクセスはwithUnsafeBytesを使う

  6. セカンダリアプリ判定

最近の著書

最近の記事