GPGのセットアップ方法

この記事執筆時点の動作環境

  • macOS 10.13.5
  • gpg (GnuPG) 2.2.8
  • libgcrypt 1.8.3
  • pinentry-mac (pinentry) 0.9.4
  • gpg-agent (GnuPG) 2.2.8

セットアップを開始する前に必要なこと

HomeBrewを使ってインストールするので、先にHomeBrewのセットアップを完了しておく必要があります。

GPGのセットアップ

Step 1: 必要なソフトをインストールする

$ brew install gpg2 gpg-agent pinentry-mac

pinentry-macはパスフレーズを入力するときに使用するプログラムです。セットアップされていないとキーを入力するときにクラッシュしてしまいます。

Step 2: エージェントを指定する
「~/.gnupg/gpg-agent.conf」に以下を記述する。エージェントがパスフレーズを記憶してくれる時間の指定も行う。デフォルトは600秒なので、86400秒を指定して24時間有効にしている。作業中に何度も聞かれると効率が悪いので。。。

pinentry-program /usr/local/bin/pinentry-mac
default-cache-ttl 86400
max-cache-ttl 86400

Step 3: エージェントを使用する
「~/.gnupg/gpg.conf」に以下を記述する。

use-agent

Step 4: シェルを指定
「~/.bashrc」に以下を追記する。

export GPT_TTY="tty"

Step 5: 「.bashrc」を再読み込み

$ source ~/.bashrc

Step 6: 鍵の設定
以下の記事を参考に鍵を生成するか、バックアップしてある鍵を復元してください。

Step 7: パーミッションを設定

$ chmod 700 ~/.gnupg

関連記事

  1. Xcode 8.3に移行したらnullabilityのワーニングが出た…

  2. iOSやmacOSでのログ出力はASL API

  3. Bitbucket Server で Git LFS を使う

  4. GitLabへの移行

  5. 古いOSは段々アプリが減ってくる

  6. Macアプリのアイコンの設定方法 – Xcodeでのicn…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行