Amazon Fire TV 4K HDR 2017を5GHzに接続するためのWi-Fiルーターの設定

少し前にAmazonのFire TV 4K HDRの2017年モデルを購入しました。Wi-Fiに接続するための設定を行うと、なぜか、5GHzの方に接続出来ないという現象が起きました。直ぐ横にWi-Fiルーターがあるのに電波の範囲外であると認識されてしまうのです。思い起こしてみると、テレビの方もWPSで設定したときに5GHz側に接続されないという現象が起きていました。
そこで調べてみると、5GHz帯ならどんな設定でも良いのではなく、チャネルの設定が対応している設定になってないと接続出来ないということが分かりました。対応しているチャネルは、36, 40, 44, 48の4種類。Wi-Fiルーターによって設定画面が異なりますが、私の使っているルーターの場合にはW52という設定を選択すれば、これらのチャネルが使われるということが分かりました。
設定を変更して、もう一度試して見ると、今度は正常に認識されて接続出来ました。また、WPSで5GHz帯に接続出来なかったテレビの方も、5GHz帯に接続出来るようになりました。
ついでなので、2.4GHzの方も設定を見直しました。すると、iPhoneやiPad、Macでは、2.4GHz帯のチャネル幅が20MHzではないと通信が安定しないことが分かりました。確かによく途切れると思っていました。こちらも20MHz固定にしました。40MHzではダメだそうです。こちらも設定画面では、「デュアルチャネル」という設定項目になっていたので、これをオフにしました。使用するチャネルは自動で良いとなっていましたが、プリンタの設定時に対応していないチャネルに接続されていると表示されることがあったので、固定することにしました。どれが良いのか、調べると、ch1, ch6, ch11のいずれかが良いそうです。
Wi-Fi ルーターと Wi-Fi アクセスポイントの推奨設定
今回の設定をまとめると、次のようになりました。
●2.4GHz
デュアルチャネルをオフ (チャネル幅を20MHz固定)
使用するチャネルを、ch1、ch6、ch11のいずれかで固定
●5GHz
クァッドチャネルをオン (チャネル幅を20MHz、40MHz、80MHzのどれでもOK)
使用するチャネルをW52固定 (36, 40, 44, 48を使う)
設定してからまだ2日目ですが、かなり安定している様子です。

関連記事

  1. GPGの秘密鍵や公開鍵のバックアップ方法

  2. Xcode 8.3に移行したらnullabilityのワーニングが出た…

  3. SSHのクライアント側のセットアップ

  4. Try CLion on the Ubuntu Linux to de…

  5. 古いOSは段々アプリが減ってくる

  6. Mac Miniで minidlna を動かす

最近の著書

最近の記事