Amazon Fire TV 4K HDR 2017を5GHzに接続するためのWi-Fiルーターの設定

少し前にAmazonのFire TV 4K HDRの2017年モデルを購入しました。Wi-Fiに接続するための設定を行うと、なぜか、5GHzの方に接続出来ないという現象が起きました。直ぐ横にWi-Fiルーターがあるのに電波の範囲外であると認識されてしまうのです。思い起こしてみると、テレビの方もWPSで設定したときに5GHz側に接続されないという現象が起きていました。
そこで調べてみると、5GHz帯ならどんな設定でも良いのではなく、チャネルの設定が対応している設定になってないと接続出来ないということが分かりました。対応しているチャネルは、36, 40, 44, 48の4種類。Wi-Fiルーターによって設定画面が異なりますが、私の使っているルーターの場合にはW52という設定を選択すれば、これらのチャネルが使われるということが分かりました。
設定を変更して、もう一度試して見ると、今度は正常に認識されて接続出来ました。また、WPSで5GHz帯に接続出来なかったテレビの方も、5GHz帯に接続出来るようになりました。
ついでなので、2.4GHzの方も設定を見直しました。すると、iPhoneやiPad、Macでは、2.4GHz帯のチャネル幅が20MHzではないと通信が安定しないことが分かりました。確かによく途切れると思っていました。こちらも20MHz固定にしました。40MHzではダメだそうです。こちらも設定画面では、「デュアルチャネル」という設定項目になっていたので、これをオフにしました。使用するチャネルは自動で良いとなっていましたが、プリンタの設定時に対応していないチャネルに接続されていると表示されることがあったので、固定することにしました。どれが良いのか、調べると、ch1, ch6, ch11のいずれかが良いそうです。
Wi-Fi ルーターと Wi-Fi アクセスポイントの推奨設定
今回の設定をまとめると、次のようになりました。
●2.4GHz
デュアルチャネルをオフ (チャネル幅を20MHz固定)
使用するチャネルを、ch1、ch6、ch11のいずれかで固定
●5GHz
クァッドチャネルをオン (チャネル幅を20MHz、40MHz、80MHzのどれでもOK)
使用するチャネルをW52固定 (36, 40, 44, 48を使う)
設定してからまだ2日目ですが、かなり安定している様子です。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. 古いOSは段々アプリが減ってくる

  2. Markdownの編集環境をセットアップする

  3. [2020年3年5日更新] Macアプリのアイコンの設定方法 R…

  4. AsciiDocのマークアップ早見表

  5. Swiftでコマンドラインツールを作る(コマンドライン引数と標準入出力…

  6. Atomで保存する時にファイル末の改行を消されないようにする

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事