Ubuntu上でSwiftを使うためにCLionを試してみる

Ubuntu Linux上でSwiftを使った開発を行うために、CLionを使用する方法についてです。

Swiftのセットアップ

clangのインストール

Swiftはclangを使用しているので、まず、clangをインストールする必要があります。インストールするには、次のコマンドを実行します。
$ sudo apt-get install clang

Swiftのツールチェーンをインストールする

次のページからツールチェーンをダウンロードします。
Download Swift
ダウンロードしたアーカイブを展開し、好きな場所に移動します。私の場合は「/opt」ディレクトリにしました。この状態でツールチェーンのディレクトリパスは「/opt/swift-3.0.2-RELEASE-ubuntu-16.04」となります。少し複雑なので、シンボリックリンクを「/opt/swift」に作成し、このディレクトリを指すようにしました。「/opt」ディレクトリの中身は次のようになります。
lrwxrwxrwx 1 root root 31 2月 5 12:24 swift -> swift-3.0.2-RELEASE-ubuntu-16.04
drwxrwxrwx 3 akira akira 4096 2月 5 12:15 swift-3.0.2-RELEASE-ubuntu-16.04

「PATH」環境変数に「/opt/swift/bin」を追加します。私の場合は「~/.profile」に次のように書きました。
export PATH=/opt/swift/usr/bin:"$PATH"
成功しているかどうかは、次のようにして確認できます。
$ swift --version
私のマシンの場合は次のように出力されました。
Swift version 3.0.2 (swift-3.0.2-RELEASE)
Target: x86_64-unknown-linux-gnu

コマンドラインから「Hello World!」を実行する

次の内容で「hello.swift」というファイルを作成します。
print("Hello World!")
Swiftには「REPL」というシェルがあり、次のようにすると、REPLを使って、上記のコードを実行できます。
$ swift hello.swift
REPLは次のように出力します。
Hello World!
次のコマンドを実行すると、実行ファイルを作れます。
$ swiftc hello.swift -o hello
「hello」を実行すると、「Hello World!」と出力されます。

CLionのセットアップ

CLionはC/C++用のIDEです。macOS、Windows、Linuxに対応しています。2016年12月2日にCLionのSwift対応プラグインがアップデートされました。このプラグインを使うと、CLionがSwift対応となり、このバージョンはSwift 3に対応しました。

CMakeのインストール

CLionはCMakeを使っているので、CMakeをインストールします。次のコマンドを実行します。
$ sudo apt-get install cmake

CLionのインストール

CLionは無料ではありませんが、30日の体験版があります。詳しくはWebサイトを参照してください。
JetBrains CLion
アーカイブをダウンロードしたら、ディレクトリを好きな場所に移動します。私は「/opt」ディレクトリにしました。
CLionを起動するには、次のコマンドを実行します。
$ /opt/clion-2016.3.2/bin/clion.sh
セットアップウィザードが表示されます。途中でSwift対応プラグインをインストールできるので、ウィザードに従って、インストールしてください。

Install plugins

Install plugins

CLionの設定

SwiftツールチェーンへのディレクトリパスをCLionに設定する必要があります。設定ダイアログを表示し、「Build, Executable, Deployment」の下の「Swift」を選択します。Swiftツールチェーンへのディレクトリパスを入力します。例えば、私の場合は「/opt/swift」になります。

Configuration Dialog

Configuration Dialog

CLionで”Hello World”を実行する

CLionでビルドするには、実行ファイル用のパッケージを作成し、CMakeのプロジェクトファイルを作ります。
(1) 作業用にディレクトリを作ります。パッケージの作成には、SwiftPM (Swift Package Manager)を使います。次のようにします。
$ mkdir HelloWorld
$ cd HelloWorld
$ swift package init --type executable

(2) CMakeのプロジェクトファイルを作ります。「CMakeLists.txt」ファイルを「HelloWorld」ディレクトリに作成し、次の内容を入力します。
cmake_minimum_required(VERSION 3.4)
project(HelloWorld)

add_custom_target(HelloWorld
COMMAND /opt/swift/usr/bin/swift build
WORKING_DIRECTORY ${CMAKE_SOURCE_DIR}
SOURCES Package.swift Sources/main.swift)
(3) 「CMakeLists.txt」ファイルをプロジェクトとして、CLionで開きます。
(4) 「Run」メニューから「Build」を選択します。「.build/debug/HelloWorld」が出力されます。
(5) 「Run」メニューから「Run…」を選択します。
(6) ビルド設定ダイアログで、アクティブターゲットを「HelloWorld」に変更します。
(7) 「Executable」のポップアップボタンから「Select other」を選択します。
(8) 「HelloWorld」は隠しディレクトリ内にあるので、パスを直接入力します。
(9) ビルド設定ダイアログの「OK」ボタンをクリックします。
(10) これでCLionからHelloWorldを実行できるようになります。

参考資料

関連記事

  1. GPGの鍵の生成方法

  2. Try CLion on the Ubuntu Linux to de…

  3. Mac Miniで minidlna を動かす

  4. iOSやmacOSでのログ出力はASL API

  5. WordPressで記事が古いときにメッセージを表示する

  6. XcodeやAppCodeで16進数や2進数で値を確認する方法

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI