SwiftでのバッファアクセスはwithUnsafeBytesを使う

Swiftで「Data」構造体を使ってメモリを確保し、その確保したメモリに値を書き込むときにパフォーマンスが良い方法はどれになるかを比較してみました。

比較した方法

比較したのは次の3つの方法です。

  1. 「Data」の「[]」演算子を使って直接アクセスする方法。
  2. 「Data」の「withUnsafeBytes」メソッドを使ってバッファに直接アクセスする。参照位置の変更に「UnsafeMutableBytes」の「advanced」メソッドを使う方法。
  3. 「Data」の「withUnsafeBytes」メソッドを使ってバッファに直接アクセスする。参照位置の変更に「UnsafeMutableBytes」の「[]」演算子を使う方法。

コード

各方法を実装した関数は次の通りです。
[cc]
/// []演算子を使ってインデックスでバッファ参照し、時間を計測する
/// @return 掛かった時間
func doTestSubscript() -> TimeInterval {
var data = Data(count: bufferSize)
let startDate = Date()
for i in 0 ..< bufferSize { data[i] = UInt8(i % 0xFF) } let dt = Date().timeIntervalSince(startDate) return dt } /// バッファへ直接アクセスした場合の時間を計測する /// @return 掛かった時間 func doTestUnsafeMutableBytesAdvance() -> TimeInterval {
var data = Data(count: bufferSize)
let startDate = Date()
_ = data.withUnsafeMutableBytes { (pointer: UnsafeMutablePointer) -> Void in
var p = pointer
for i in 0 ..< bufferSize { p[0] = UInt8(i % 0xFF) p = p.advanced(by: 1) } } let dt = Date().timeIntervalSince(startDate) return dt } /// バッファへ直接アクセスした場合の時間を計測する /// @return 掛かった時間 func doTestUnsafeMutableBytesSubscript() -> TimeInterval {
var data = Data(count: bufferSize)
let startDate = Date()
_ = data.withUnsafeMutableBytes { (pointer: UnsafeMutablePointer) -> Void in
for i in 0 ..< bufferSize { pointer[i] = UInt8(i % 0xFF) } } let dt = Date().timeIntervalSince(startDate) return dt } [/cc] ご自分の環境でテストしたい方は以下のリンクからプロジェクトファイル一式をダウンロードして実行してみてください。 DataBufAccess.zip

テスト結果

次のような動作環境で実行してみました。
Mac Pro Late 2013, 3.7 GHz Quad-Core Intel Xeon E5
macOS 10.12.1
200MBのメモリを「Data」を使って取得し、各方法でバッファの内容を設定し、時間を計測。これを5回繰り返し、平均値を計算するという方法でテストしました。結果は以下の様になり、3番目の方法が最も効率的に動作することが確認できました。
1番目の方法: 7.10840760469437 sec
2番目の方法: 3.73152660131454 sec
3番目の方法: 3.26138179302216 sec
「NSData」クラスを使ったコードをSwift 3に移植するときのバッファアクセスのコードは、「withUnsafeMutableBytes」メソッドを使ってバッファに直接アクセスするコードを実装するのが良いようです。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. AKIBA.swiftさんとの合同勉強会で発表しました 「Macアプリ…

  2. Ubuntu上でSwiftを使うためにCLionを試してみる

  3. Swift 5 + Xcode 10.2 の変更点で気になったところ

  4. Swiftは開発者を強制的に新しい世界に連れて行く

  5. GW中もいつもと同じ

  6. Swift 3のセミナー資料作成

  7. Swiftでコマンドラインツールを作る(コマンドライン引数と標準入出力…

  8. Swift逆引きハンドブックのサンプルのSwift 3対応方法について…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事