ディープラーニングからは可能性をすごく感じる

アルファ碁というAIを使ったソフトが、プロ棋士に勝ったというニュースがありました。ニュースの概略をかいつまんでみると、次の点に集約されます。

  • 開発した会社はグーグルの子会社のディープマインド
  • 勝利した相手は囲碁の世界王者
  • 勝利した手は過去の囲碁の定石には無い方法
  • アルファ碁というソフトはディープラーニングを応用した技術を使っている

注目したいのは、ディープラーニングを応用していることで、定石には無い手が生まれ、それにより勝利しているという点です。これは本当の意味で「考える」ということが出来るようになってきているということでしょうか?
AIを使っていないプログラムは、パターンを色々プログラムさせて、その後、人間が打つであろう手を出来るだけ予測して、最良の手を選択するという手法だと思います。
それに対して、AIはパターンでは無く、状況を判断して、パターンを組み立てるということだと思います。それだけではなく、定石には無い手が使われるということは、パターンを用いるだけではなく、新たなパターンを考案しているとも言えるように思います。
ディープラーニングについて基礎知識を知りたい。とりあえず、次の本でも読んでみようかな。
人工知能は人間を超えるか
ディープラーニングの先にあるもの
角川EPUB選書 松尾豊 (著)
iOSでディープラーニングを使ったライブラリとかがあるのか検索してみると、次のライブラリが見つかりました。
Swift AI
これについて検索してみると、次のブログ記事を見つけました。
Swiftで書かれた人工知能・機械学習ライブラリ「Swift-AI」をiOSで動かしてみる
デモプログラムでは手書き認識を行っているそうです。可能性をすごく感じさせてくれる技術ですね。
2016.3.13追記
この記事をアップロードした後、早速、買ってきました。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. Snow Leopard ServerでのRedmineのバックアップ…

  2. Subversionのコメントはしっかり書いた方が良い

  3. Confluenceから良い感じのPDFを作れる様にしてみた

  4. Swiftではコードのエラー判定は強めに

  5. 原稿執筆用ソフトを作り始めました

  6. ArduinoからマイクロSDカードへの書き出し

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事