Mac版Officeの次バージョンのプレビュー版が公開されました

Mac版Officeの次バージョンのプレビュー版が公開されました。正式版が登場するまで60日間使えるそうです。ダウンロードは次のページからできます。
Microsoft Office for Mac、Apple
インストールしてみると、最近のアプリと同様に専用のフォルダではなく、アプリケーションフォルダの直下にアプリ本体がインストールされました。現行バージョンは「Microsoft Office 2011」というフォルダが作られ、その中にインストールされる形です。なお、現行バージョンとプレビュー版は共存できます。
起動してみると、雰囲気はiPad版と似ています。
ファイルは、OneDriveやOneDrive for Business、Share Pointに直接接続して扱うことができます。当然、Mac上にファイルも扱えます。iPad版ではDropBoxにも接続できますが、このプレビュー版ではまだサポートされていないようです。
しかし、DropBoxについては、Mac上では同期クライアントがあるので、特に困ることはないでしょう。ちなみに、同じくプレビュー版の扱いですが、One Drive for Businessも同期クライアントがあります。
動作は現行バージョンよりも軽いような印象です。また、ユーザーインターフェイスがiPad版、Windows版と同じになっていて、サポートされる機能によってボタンの数が違うというだけの雰囲気です。慣れてくると、他のOSとの違いが無いので、分かりやすいです。
また、iPad版を使っていて思ったのですが、このユーザーインターフェイスはフルスクリーンモードのときにも使いやすいのが良いです。慣れるまでは、どこに何があるか戸惑いますが。
Excelのときのスクロールについては、若干、違和感を感じました。何だろうと観察してみると、ホイールでスクロールした時に、表示位置の先頭セルがY座標が中途半端な時に、ぴったりになるようにスクロールされます。このスクロールがアニメーションスクロールになっているため、違和感を感じたようです。

投稿者プロフィール

林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. iPhone 4 と iPhone 4S 側面が少しだけ違う

  2. Visual C++ でのBoostライブラリのビルド方法

  3. MSM2014でエクステンションについてセミナーを担当します

  4. Debian on IBM eServer xSeries 205

  5. LionサーバーでMySQLサーバーを使用する

  6. メールサーバーを移行しました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事