[メモ] MongoDBのセットアップ (OSX, Homebrew版)

開発用のマシンにローカル実行するMongoDBをセットアップしました。今回は、他のライブラリなどとの組み合わせの関係からHomebrewを使いました。この記事は、そのセットアップ方法をメモとして記録したものです。

Homebrewについて

オープンソースのパッケージ管理ツールの一つ。MacPortsやFinkなどと同様の機能を提供しますが、対応しているパッケージ数が豊富な事と、OSにインストール済みのバイナリを出来るだけ使用するに構成されるという特徴が有るそうです。
Homebrew – OS X用パッケージマネージャー

Homebrewのインストール

ターミナルから下記を実行します。
ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

MongoDBのインストール

ターミナルから下記を実行します。
brew install mongodb
インストール後に下記を実行すると、手動起動します。
launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mongodb.plist

MongoDBの自動起動

ターミナルから下記を実行すると、ユーザーがログインしたときに自動起動します。サーバーなどでは、ログインしていない状態でも起動する必要があるので、「/Library/LaunchDaemons」ディレクトリなどを指定した方が良いと思います(ファイルの変更無しでも正常動作するかは未確認です)。
ln -sfv /usr/local/opt/mongodb/*.plist ~/Library/LaunchAgents

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. MSM2014でエクステンションについてセミナーを担当します

  2. VMware Fusion 4 でのLionのインストール方法

  3. Xcodeの静的アナライザ

  4. 仮想マシンと実機

  5. iMac 27インチをホワイトボードの代わりにしたら作業効率が向上した…

  6. [お知らせ] UdemyでiOSアプリの開発方法について解説した講座の…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事