[メモ] MongoDBのセットアップ (OSX, Homebrew版)

開発用のマシンにローカル実行するMongoDBをセットアップしました。今回は、他のライブラリなどとの組み合わせの関係からHomebrewを使いました。この記事は、そのセットアップ方法をメモとして記録したものです。

Homebrewについて

オープンソースのパッケージ管理ツールの一つ。MacPortsやFinkなどと同様の機能を提供しますが、対応しているパッケージ数が豊富な事と、OSにインストール済みのバイナリを出来るだけ使用するに構成されるという特徴が有るそうです。
Homebrew – OS X用パッケージマネージャー

Homebrewのインストール

ターミナルから下記を実行します。
ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

MongoDBのインストール

ターミナルから下記を実行します。
brew install mongodb
インストール後に下記を実行すると、手動起動します。
launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mongodb.plist

MongoDBの自動起動

ターミナルから下記を実行すると、ユーザーがログインしたときに自動起動します。サーバーなどでは、ログインしていない状態でも起動する必要があるので、「/Library/LaunchDaemons」ディレクトリなどを指定した方が良いと思います(ファイルの変更無しでも正常動作するかは未確認です)。
ln -sfv /usr/local/opt/mongodb/*.plist ~/Library/LaunchAgents

関連記事

  1. GW中もいつもと同じ

  2. 「新フレームワーク探求記」という連載を始めます

  3. Apple Watchのアクティビティがいい!

  4. [お知らせ] C言語逆引きハンドブックのPDF版の販売が始まりました

  5. Swiftは開発者を強制的に新しい世界に連れて行く

  6. Tomcat AJPポートは「8380」を指定する

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI