VMware Fusion上のWindows 8.1でHyper-Vを使う

VMware Fusion上で動かしている仮想PCのWindows 8.1では、Hyper-Vが使えないと思っていたのですが、設定を変えるだけで、使えました。
Visual Studio 2015 Preview では、Androidのアプリ開発にVisual Studioを使う機能が入りました。Visual StudioからAndroidのエミュレータが動きます。ここで、Fusionで使っていると問題が起きます。Visual Studioはエミュレータを動かすのにHyper-Vを使うようになっていますが、Fusion上で動作しているWindowsでは、Hyper-Vが無効表示になっていて、選択できません。
調べてみると、次のサイトに答えがありました。
Running Hyper-V Inside of VMWare Fusion
書かれているようにやってみると、Hyper-Vが選択できるようになり、インストールできました。
次に、当初の目的である、Visual StudioのHyper-Vを使う機能が動くようになるか、確認してみると、無事、動作しました。

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事