外付けのSSDにOSを移動しました

少し前に外付けのSSDにOSを移動しました。つながっているマシンはiMacで、HDDを内蔵しています。Xcodeでがりがりコードを書いていて、最近、ビルドやシミュレータが起動するまでの時間とか、デバッグ用に接続しているiPod touchやiPadへのアプリのインストールにかかる時間とかが長く感じるようになってきました。
特に開発も中盤を過ぎると、コーディングをしている時間よりもデバッグや、少し修正してアプリをビルドするということが多くなってくると、このXcodeが作業中の待ち時間が馬鹿にならなくなってきました。そこで、外付けのSSDを導入しました。
[PR] BUFFALO Thunderbolt用 外付けSSD RAID 0モデル 512GB SSD-WA512T
導入したのは、Thunderbolt接続で、RAID 0で構成されているドライブ、「SSD-WA512T」です。HDDに入っているものを全て入れたいので、512GBのモデルにしました。
結果はかなり早く快適です。マシンの起動時間も感動できるレベルになりました。肝心のアプリのビルド時間などのXcodeの作業中による待ち時間も大幅に減りました。削減できた時間の分だけ、生産性が上がったと考えると、価格に見合う価値は十分にあると思いました。


机の上のスペースが足りないので、狭い感じのところに置いています。置いている場所にも影響されて反響しているかもしれませんが、ファンの音が少しだけ気になります。エアコンが入っていると、分からないレベルなのですが、作業部屋でテレビやBGMも付けずに作業していると感じます。それでも、昔のMacやPCよりは静かですが。

関連記事

  1. iOSシミュレータの終了が重い

  2. [解決] MySQLを古いバージョンに戻せない

  3. Lion Recovery Disk Assistantが公開されたよ…

  4. Mac OS X Legacy Libraryのリファレンス

  5. MOSADeN ONLINE 第22回の記事をアップしました

  6. The Problem if you don't know …

最近の著書

最近の記事