OS X 10.4.11 (Tiger) へのGitのインストール

iOSアプリ開発では最新のOSを使いますが、仕事柄、古いOSも現役で使用します。今回、OS X 10.4.11 (Tiger) からGitのリポジトリにアクセスする必要があって、Gitをインストールしました。
公式サイトからインストーラをダウンロードしてさくっとインストール。。。とはいかず、公式サイトにあったインストーラはOS X 10.5以降でないと起動しないものでした。
そこで、FinkやMac Portsを試してみたのですが、Finkは既にOS X 10.4.11は正式サポートから外れており、Gitもインストールできず、Mac PortsはOpenSSLのビルドに失敗してしまいました。OpenSSLのビルドにはおそらく、GCC 4.2以降が必要。しかし、使用しているXcodeは2.4.1のため、GCCは4.0.1。そこを更新するのは、他の制約(開発対象に関する)のためできません。
そこで、最もシンプルに、ソースからビルドすることにしました。
最初に試したのは、作業時点での最新版であるバージョン1.8.3.3のビルド。しかし、これは途中でエラーになってしまいました。CommonCryptoを使っているようですが、インストールされていないので。
次に試したのは、バージョン1.8.1.3。こちらはトラブルなくビルドできました。ビルド方法は、ターミナルで次のようにします(「/opt/git」へインストールする場合)。
(1) コードをダウンロードしてアーカイブを展開する
(2) ビルドとインストール
cd コードのトップディレクトリパス
[cc]./configure –prefix=/opt/git
make
sudo make install[/cc]
(3) PATHへの追加。たとえば、「~/.profile」に次のように記述する。
[cc]export PATH=/opt/git/bin:$PATH[/cc]
後はターミナルを再起動すればGitが使えるようになります。
ちなみに最近のOS(たとえば OS X 10.8.4 Mountain Lionとか)は最初からGitから入っているから、こんな作業も必要ないですね。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. Markdown

  2. 古いOS対応アプリを最新Xcodeで作る

  3. 前提条件を減らして気を配ったコーディングが重要

  4. Webサイトのデザインリニューアル

  5. Mac OS X 10.5 Leopard ServerでのSubve…

  6. 紹介 – 「仕組み」進化論

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事