Netbeansで開発しているものをBambooでテストする

BambooはJenkinsと同様にCIツールです。今回、Netbeansで開発しているものをBambooでテストできるようにするための設定を行ったので、そのメモです。
動作環境は次のとおりです。
・サーバー
OS X 10.8.4 (Mountain Lion) Server
・JDK
JDK 1.7

■ジョブの設定

ジョブはAntタスクを追加して設定しました。
Antの設定で、「Build file」はNetbeansが生成する「build.xml」ファイルを指定します。パスは、Gitから取得したときのルートディレクトリからの相対パスで指定します。
ビルド結果ファイルは、次のようなパスを指定します。
[cc]プロジェクト名/build/test/results/*.xml[/cc]

■JUnitのインストール

OS X ServerにJDKをインストールした初期状態では、JUnitは動きません。そのため、次のようにして動くようにします。
(1) /usr/share/javaの中にJUnitがインストールされていることを確認する。私のマシンでは次の場所にありました。
[cc]/usr/share/java/junit-4.10
/usr/share/java/junit.jar[/cc]
 
(2) 次の場所にJUnitへのシンボリックリンクを作成する(JDKのバージョンに合わせてパスを変更してください)
[cc]/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_10.jdk/Contents/Home/jre/lib/ext[/cc]
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者
アールケー開発代表。macOS/iOSアプリ/SDK/ミドルウェア開発が専門の開発者。ObjC/Swift/C++使い。豊富な開発実務経験を基に、教育コンテンツ開発、技術書執筆、技術指導、技術セミナー講師、企業内研修講師、行政・自治体職員研修講師も行います。

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

基礎から学ぶSwiftUI


「基礎から学ぶ SwiftUI」というタイトルの本を執筆しました。

SwiftUIの入門書です。

SwiftUIのコンセプトは「ユーザーインターフェイスを作るための最短パスを提供する」「一度学べば(Appleのプラットフォームの)どこにでも適用できる」です。

SwiftUIの概要から始まって、一つ一つのテクノロジートピックに注目しながらSwiftUIとは何か?どんなことができるのか?どのようなコードを書けば良いのかなどを丸々一冊使って解説しています。

詳細

関連記事

  1. MOSADeN Online 第23回の記事をアップしました

  2. RKDetailDesign 1.6.1 公開しました

  3. RKDetailDesign Nightly Build 162.00…

  4. ディスプレイの下に空間が出来ました

  5. Twitterの即応性に改めて新鮮味を感じた

  6. Macの開発関連作業の自動化で使えるツール

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

人気記事

最近の記事