改訂版がもう少しで完成

予約受付も始まっていますが「第三版 基礎から学ぶiPhoneアプリ開発」が完成間近です。印刷所への入稿目前まで来ました。
今回の改訂では、iOS 6に対応しました。改訂二版まではXibを使ってユーザーインターフェイスを作成する方法を解説しましたが、今回の改訂では全面的にStoryboardを使った方法に改訂しました。また、コードは全てARC (Auto Reference Counting) を使ったコードになりました。
自動レイアウト機能を使ったサンプルも追加し、ボタンの大きさを自動レイアウトで変更する方法も追加しました。iOS 6ではSNS連携が強化されましたので、TwitterやFacebookに投稿する方法も追加しました。ジェスチャー認識クラスを使用するサンプルも追加しました。
もう少しで発売です。
 

投稿者プロフィール

林 晃
林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. サイトのリニューアルを行っています

  2. 「iOSデバイスと共有 (WebDAV)」機能で便利になるiOSアプリ…

  3. Evernoteを使った執筆

  4. 新刊のMetal解説書の仕上げ作業中です

  5. boot2dockerはDocker実行用のLinuxディストリビュー…

  6. 仮想環境と古いXcodeそして古いOS

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事