iOS 6.1でSDK的に変わったこと

iOS 6.1がリリースされましたが、SDK的に何が変わったのだろうというのを、iOS 6.1のリリースノートからまとめてみると次のようなところのようです。
・タイ語のサポート強化
・「Map Kit」フレームワークで住所などを使った検索ができるクラスの追加(日本ではまだ対応していないらしい)

– MKLocalSearch
– MKLocalSearchRequest
– MKLocalSearchResponse

・Passbookでの搭乗チェックに対する妥当性チェックの変更(?。これはよく分からなかった)
・Advertising Identifierのリセットボタンの追加
・Weibo設定は中国語キーボードがONのときのみ表示
・OS X 10.8とiOS 6.1 SDKの組み合わせでTwitter.frameworkを使うときは、iOS SimulatorはiOS 6.0以降を使わないと駄目。OS X 10.7では大丈夫。
・NSStringとUILabelでは「NSTextAlignmentJustified」(均等揃え)と「NSTextAlignmentNatural」(ナチュラル)はサポートされないので、「NSAttributedString」を使うことらしいです。
・iOS 6.0ではdefault.pngの代わりにアプリのスナップショットが出ることがあったけど、iOS 6.1では常にdefault.pngが表示されるらしい。
その他、API的なところを確認してみると、今回はほとんど変わっていなくて、「UICollectionViewLayout」クラスと「UINavigationController」クラスのイニシャライザで「id」型が戻っていたのが「instancetype」型になっているとかでした。
Deplecatedが増えている様子も無いので、コード修正は必要なさそうですね。
デバイス本体のアップデートも先ほど行ったのですが、今回はiTunes経由でアップデートしてみました。今までは特にデバイス上では操作することもなかったのですが、今回はアップデート後にiCloudの設定のためにAppleIDのパスワードが聞かれて、入力するとiCloudのアップデート中という表示が出ました。
UPDATE: MapKitの検索機能は日本はまだ対応していないらしいです

関連記事

  1. Gitへの移行

  2. Tsearch2のセットアップ -SUSE Linux 9.1 編-

  3. 気づけばSwiftは1.2になっていた

  4. 見間違い防止のため「入力中にスペルチェック」をオフにしてみた

  5. iOS 11 の大きなタイトルのナビゲーションコントローラの表示方法

  6. SNSと秩序

最近の著書

最近の記事