HistoryEditor 1.5.2 Mac版を公開しました

HistoryEditor 1.5.2 Mac版を公開しました。変更内容は次の通りです。

  • サイト情報の「サイトのURL」「公開先URL」が空欄のときも、URL確認機能のチェック対象になってしまい、入力前のときにエラーとして表示されてしまう不具合を修正しました。
  • OS X 10.8のGateKeeperに対応して、コードサイニングを行いました。

HistoryEditorのダウンロードはこちらから。

関連記事

  1. Webサイトのデザインリニューアル

  2. Mac Miniで minidlna を動かす

  3. PHPからkakasiを呼び出す

  4. Snow Leopard ServerへのRedmineのインストール…

  5. 「iPhoneアプリ開発 熟達テクニック」の公式ページができました

  6. 新規ライセンス発行を終了しました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行