VirusBarrier Serverのセットアップ

やっと準備できたので、Mountain Lion ServerにVirus Barrier Serverをセットアップする事にしました。
Macでは愛用中のVirus Barrierのサーバー版です。Mountain Lion Serverに上げた直後、インストールしようとしたらGate Keeperに阻まれ、設定を変更後にインストールしても、アップデータに阻まれていました。しかし、少し工夫したらインストールできました。
まず、Virus Barrier Server をインストールします。この記事の執筆時点では、Gate Keeper用に署名されたインストーラがないので、Finderでコントロールキーを押しながらインストーラをクリックし、コンテキストメニューから「開く」を選択します。本当に開いて良いか確認するメッセージが表示されますが、開くを選択します。
インストールが終わったら、シリアル番号を入力します。
次に、NetUpdateを起動し、アップデータをチェックします。チェックが終わったら、一度チェックを全て外し、NetUpdateだけがアップデートされるようにチェックし、アップデートを実行します。アップデートが完了したらマシンを再起動してから、NetUpdateを起動します。以降は普通にアップデートできました。

関連記事

  1. MOSADeN ONLINE 第17回の原稿アップしました

  2. MOSADeN Online 第19回の原稿アップしました

  3. Debian on IBM eServer xSeries 205

  4. MultiTextConverter 3.5.5を公開しました

  5. MOSADeN ONLINE 第24回の記事を入稿しました

  6. iOS 11 の大きなタイトルのナビゲーションコントローラの表示方法

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 2020.10.21

    GitLabへの移行
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI
  3. 基礎から学ぶ SwiftUI