VirusBarrier Serverのセットアップ

やっと準備できたので、Mountain Lion ServerにVirus Barrier Serverをセットアップする事にしました。
Macでは愛用中のVirus Barrierのサーバー版です。Mountain Lion Serverに上げた直後、インストールしようとしたらGate Keeperに阻まれ、設定を変更後にインストールしても、アップデータに阻まれていました。しかし、少し工夫したらインストールできました。
まず、Virus Barrier Server をインストールします。この記事の執筆時点では、Gate Keeper用に署名されたインストーラがないので、Finderでコントロールキーを押しながらインストーラをクリックし、コンテキストメニューから「開く」を選択します。本当に開いて良いか確認するメッセージが表示されますが、開くを選択します。
インストールが終わったら、シリアル番号を入力します。
次に、NetUpdateを起動し、アップデータをチェックします。チェックが終わったら、一度チェックを全て外し、NetUpdateだけがアップデートされるようにチェックし、アップデートを実行します。アップデートが完了したらマシンを再起動してから、NetUpdateを起動します。以降は普通にアップデートできました。

関連記事

  1. 古いマシンのGit対応

  2. ObjcのNSDictionaryとCppのmapはどっちが早いか

  3. WordPressが重いときの対策方法 その2

  4. BambooでiOSアプリの継続的ビルド&テストを行う

  5. Xcodeのコーディング効率が上がるかもしれないTips

  6. 最近のOS Xでのインストーラ作成

最近の著書

最近の記事