VirusBarrier Serverのセットアップ

やっと準備できたので、Mountain Lion ServerにVirus Barrier Serverをセットアップする事にしました。
Macでは愛用中のVirus Barrierのサーバー版です。Mountain Lion Serverに上げた直後、インストールしようとしたらGate Keeperに阻まれ、設定を変更後にインストールしても、アップデータに阻まれていました。しかし、少し工夫したらインストールできました。
まず、Virus Barrier Server をインストールします。この記事の執筆時点では、Gate Keeper用に署名されたインストーラがないので、Finderでコントロールキーを押しながらインストーラをクリックし、コンテキストメニューから「開く」を選択します。本当に開いて良いか確認するメッセージが表示されますが、開くを選択します。
インストールが終わったら、シリアル番号を入力します。
次に、NetUpdateを起動し、アップデータをチェックします。チェックが終わったら、一度チェックを全て外し、NetUpdateだけがアップデートされるようにチェックし、アップデートを実行します。アップデートが完了したらマシンを再起動してから、NetUpdateを起動します。以降は普通にアップデートできました。

関連記事

  1. PDFの管理にConfluenceを使ってみた

  2. VMware FusionでSierraを動かすときはメモリ設定に注意…

  3. Mac Miniで minidlna を動かす

  4. The Problem if you don't know …

  5. Swift逆引きハンドブックのSwift 3.0対応についての情報を公…

  6. 外付けSSDでHFS+とAPFSのベンチマークを取ってみました

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI