Mac OS Xで環境変数を設定する

Mac OS Xで使用される環境変数を設定するには、次の2通りの方法があります。
(A) 「.bash_profile」ファイルで設定する
(B) 「environment.plist」ファイルで設定する
(A)の方法は、ターミナルで使用する環境変数を設定するために使用します。
「~/.bash_profile」ファイルを作成し、次のような内容を記述します。
[cc]
export PATH=/usr/local/bin:$PATH
[/cc]
この例では「PATH」変数の先頭に「/usr/local/bin」を追加しています。「PATH」変数は、ディレクトリを「:」で区切ります。
(B)の方法は、「loginwindow」によって使用される環境変数、つまり、通常のアプリケーションで使用される環境変数です。「~/.MacOSX/environment.plist」ファイルを作成し、プロパティリストで、キーを変数名、値に変数の値となるように記述します。
(B)の方法で設定した値は、ターミナルで使われる環境変数にも追加される形で反映されます。
ただ、(B)の方法は、既存の変数に値を追加することを意図して「$PATH」などと書いても、「$PATH」になってしまい、変数の値が展開されないので注意が必要です。
また、設定した値を反映するには、再起動する必要があります。ログアウトでも反映されるかと思ったのですが、Snow Leopardで試してみると、ログアウトしただけでは変更が反映されませんでした。

投稿者プロフィール

林 晃アプリ開発者
アールケー開発代表。Appleプラットフォーム向けのアプリ開発が好きなアプリ開発者。アプリの受託開発、技術書執筆、技術指導・セミナー講師。3DCGコンテンツ作成にも取組中です。

基礎から学ぶARKit


「基礎から学ぶARKit」を執筆しました。本書はARKitを使ったARアプリの開発方法を解説した技術書です。

ARKitを使ってARアプリを作るときの流れや基本的なAPIの使い方などをサンプルアプリを作りながら学べます。

詳細

基礎から学ぶMetal


「基礎から学ぶMetal」を執筆しました。本書はMetalを使ってGPUプログラミングを行うための最初のステップを解説するMetalの解説書です。

私が初めてGPUプログラミングを行ったとき、どこから手をつけて、学んでいけば良いのか分からず呆然としました。もし、あのとき、これを教えてくれればという部分を解説しました。本書で解説している部分はMetalの基礎となる部分で、Metalを使うときに必ず触れることになる部分です。

詳細

関連記事

  1. LionにphpMyAdminをセットアップする

  2. [2021.3.3更新/解決] NSURLSessionのメモリの扱い…

  3. JIRAのステータスに「保留」を追加する

  4. Xcodeの外部エディタを設定して効率アップ

  5. MSM 2011でのセッション内容を決めました

  6. 内部の作業環境のインフラ整備

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事