Mac OS Xで環境変数を設定する

Mac OS Xで使用される環境変数を設定するには、次の2通りの方法があります。
(A) 「.bash_profile」ファイルで設定する
(B) 「environment.plist」ファイルで設定する
(A)の方法は、ターミナルで使用する環境変数を設定するために使用します。
「~/.bash_profile」ファイルを作成し、次のような内容を記述します。
[cc]
export PATH=/usr/local/bin:$PATH
[/cc]
この例では「PATH」変数の先頭に「/usr/local/bin」を追加しています。「PATH」変数は、ディレクトリを「:」で区切ります。
(B)の方法は、「loginwindow」によって使用される環境変数、つまり、通常のアプリケーションで使用される環境変数です。「~/.MacOSX/environment.plist」ファイルを作成し、プロパティリストで、キーを変数名、値に変数の値となるように記述します。
(B)の方法で設定した値は、ターミナルで使われる環境変数にも追加される形で反映されます。
ただ、(B)の方法は、既存の変数に値を追加することを意図して「$PATH」などと書いても、「$PATH」になってしまい、変数の値が展開されないので注意が必要です。
また、設定した値を反映するには、再起動する必要があります。ログアウトでも反映されるかと思ったのですが、Snow Leopardで試してみると、ログアウトしただけでは変更が反映されませんでした。

関連記事

  1. iPhoneやiPadでのフォルダはジャンルより作業で区切った方が良さ…

  2. StoryboardやXibは使わない方が良いかも?

  3. Parallels desktop 12 Pro Edition にア…

  4. BLOGOSが良い感じ

  5. 「改訂3版 基礎から学ぶiPhoneアプリ開発」発売です

  6. MultiTextConverterのSwiftで書き直しを始めました…

最近の著書

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI

最近の記事

  1. 基礎から学ぶ SwiftUI
  2. 基礎から学ぶ SwiftUI